現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
兄貴の不幸は蜜の味?

2015-04-28 Tue 20:13
 手土産にサーティワンのバラエティパックを持った妹が帰ってきたので、夕食後に皆で食べました。

 私はフルーツ系フレバーのアイスが好きなのですが、この時は何となくバニラを選択。冷凍庫で保冷していたためスプーンが刺さらないほどカチカチになったバニラアイスを直接齧って味わっていると、ある幼い頃の出来事を思い出しました。

 
 幼少時代の私たち兄弟、そして毎日一緒に遊んでいた近所在住の従兄弟たちのお小遣いは、1人につき1日50円でした。たいてい近所のお菓子屋に直行して50円のアイス、もしくは30円のアイス+ガムまたはよっちゃんイカを買うというパターンで、実質日々のおやつ代でしたね。

 そんなある日、たまたま2日分のお小遣い100円が手元にあった私は、前から一度食べてみたかった100円のバニラカップアイスを買おうと考えました。今考えるとごく普通の味なんですけど(笑)

 念願のアイスを買い、いつもの遊び場である自宅前でいざ食べようとすると、首に焼けるような激しい痛みが走りました。後で分かったことですが、どうやら足長蜂に刺されたようです。しかも不運なことに、刺された時の驚きと激しい痛みから、私はアイスを落としてしまったのです。結局せっかくの“高級アイス”はひと口も食べられませんでした。

 私は兄弟・従兄弟の中では最年長のため、当時はジャイアンのように威張っていました(笑) 普段はそんな私に歯向かうことなど無い彼らでしたが、この時は内心(ザマーみろ!!)と歓喜したのでしょうね。苦しむ私を見て大爆笑していましたよ。私は彼らをブン殴ってやりたかったのですが、痛みとショックからそれどころではなく、家に帰って寝込んでしまいました。

 しばらくたって落ち着きを取り戻した私は居間であるものを発見、怒りと笑いが入り混じった不思議な気分になりました。何と、弟が私の不幸をネタに4コマ漫画を描いていたのです。

■1コマ目…アイスを高々と掲げて「アイスいいだろー!!」と自慢する私(実際にはそんなこと言ってません)
■2コマ目…「ブ~ン」と羽音を立てて飛んでくる蜂
■3コマ目…蜂に刺される私
■4コマ目…無残にも地面でダラーっと溶け流れるアイス

いつも威張り散らしていた私の不幸は、彼らにとって極上の蜜の味だったのでしょうね

…蜂だけに(笑)


 このエピソードを妹と弟に話してみたところ、私も含め全員で子供の頃のようにお腹を抱えて大爆笑してしまいました。ちなみに私以外誰も覚えていませんでした(笑)



スポンサーサイト
別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<グレートトラバース 日本百名山ひと筆書き(感想) | 瑠璃色幻想曲 | 「必要に迫られて」の重要性>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |