現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
グレートトラバース 日本百名山ひと筆書き(感想)

2015-05-01 Fri 19:48
photo


 先日もご紹介しました田中陽希著「グレートトラバース 日本百名山ひと筆書き」(NHK出版刊)を読了しました。それなりに面白ったです。


【よかった点】

・簡単ではありますが、登頂した百名山全てのエピソードに触れられていました。

・現在好評放送中の「15min」でも紹介された地元民との交流などのエピソードがかなり盛り込まれており、各放送を懐かしく思い出しながら読むことが出来ました。

・逆に本邦初公開のエピソードも多く、興味深く読むことが出来ました。例えば関門トンネル人道に入るのにエレベーター(動力)を使わざるをえず悩んだこと、鹿沢食堂のオバチャンが店内を撮影されることを嫌がったこと、関東の号泣おじさん、事務局長の事故死、その他たくさんありました。

・旅の間、どうやってザックや荷物を交換しているのか疑問でしたが、何となくその謎が解明されました。

・TV放送だけでは誤解したままだったことを幾つか正確に理解出来ました。例えば西日本でアドベンチャーレース仲間の夫妻がたらの芽の天ぷらを食べさせてくれたシーンがありましたが、あの天ぷらを揚げる道具は夫妻が持参したのではありません。陽希君がたらの芽を持っているのを知り、わざわざ現地で探して買ってきてくれ、調理までしてくれたらしいです。もちろんNHKに悪意はないと思いますが、テレビって編集次第でこうも事実が曲がってしまうものなんですね。

・登った山、登った日などデータがきっちり記載されていて理解しやすかったです。


【ちょっと不満な点】

・全体的に文章が箇条書き風に淡々と綴られている感じ。よってどの山の登山エピソードも似たり寄ったり、単調で読んでいて疲れました。まぁ著者はプロの物書きではありませんから仕方ないんですけどね。

・百名山全ての登山とその他関連エピソードに触れているため、それぞれあっさりし過ぎという印象でした。両刃の剣ですが、「15min」で初めて紹介されたエピソードと被っているネタも多く、興味が半減した部分も少なくありませんでした。

・陽希君の不安な気持ちやネガティブ思考を描写した部分が多かったです。コンテンツに対しページ数は少ないので、もうちょっとバランスを考えた方がいいかな、という感じでした。


 まぁ、(最初から)ガイドブック的に登山の参考にするには適さない内容ですが、番組を見続けて来たファンとしては十分楽しめる内容だと思います。旅の資金は決して潤沢ではなかったようなので、本書が売れて印税で儲けられるといいですね。


--------------------
【TODAY'S PIC UP ITEM】


グレートトラバース 日本百名山ひと筆書きグレートトラバース 日本百名山ひと筆書き
(2015/04/23)
田中 陽希

商品詳細を見る




スポンサーサイト
別窓 | 読書 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<気遣いに感激した日 | 瑠璃色幻想曲 | 兄貴の不幸は蜜の味?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |