現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
視聴者無視の視聴率至上主義

2015-05-20 Wed 19:55
 私は普段、連続ドラマを見ることは滅多にありません。毎回放送時間に振り回されるのは嫌だし、録画してもいざ見ようとすると面倒くさく、すぐに数話分溜まってしまう。結局「もういいや」と全く見ないまま全て消去してしまう羽目に(笑)

 まぁ、あちこちで言われるように、現代社会は娯楽の種類が多いし、余暇の過ごし方も多種多様。21時や22時にテレビを見るという行為そのものがスタンダードでないのだから仕方ありません。

 そんな私ですが、今クールは珍しく連続ドラマを2つ(録画して)毎週楽しみに見ています。

 まず渡辺麻友(AKB48)と稲森いずみW主演の「戦う!書店ガール」(CX)。もともとまゆゆは結構好きだし、私は読書、というか本そのものも大好き。それもコンテンツそのものと同じくらい、書店を巡り、本に囲まれ、本の匂いを胸いっぱい吸い込み、装丁やデザインに触れ作った人たちの思いを想像し、自分同様にささやかな幸せを感じている(であろう)他のお客さんたちと同じ空間にいられることを喜ぶ…そんな付加価値(?)も大切にしています。「戦う!書店ガール」は書店を舞台に書店員さんたちが活躍するお話ですから、きっと共感出来る部分が多いだろうと期待しました。

 実際に見た感じも期待通りで満足しています。ただ恋愛要素…三角関係だ四角関係だ的な見所は正直私は邪魔だと思いますが、イマドキのドラマですから仕方ないのでしょうね。


 そして「日曜劇場 天皇の料理番」(TBS)。以前「仁-JIN-」の再放送に、このドラマのCMが毎回腐るほど挿入されていたため、何となく見てやろうという気になりました。第1話は退屈で飽きそうでしたが、だんだん面白くなってきましたね。佐藤健の別人のような演技が好きです。

 ということで私は縁あってこの2つのドラマと出会い、毎週楽しんでいるわけです。

 ところがネットのニュースをチェックしていると、毎週必ずこれらのドラマの視聴率の話題、それも低視聴率でヤバイ的なことが面白おかしく書かれているんですよ。時には視聴率が悪いから途中で打ち切りか?みたいなことも。ホント頭にきます。

 そもそもテレビの視聴率が全体的に落ち込み気味なのは、冒頭でチラッと触れたように現代社会の特性上仕方ありません。無関係の外野があれこれ騒ぐのは無視すればよいとして、少なくとも私(および同じドラマの視聴者たち)は、フジテレビやTBSが面白いと自信を持って放送している(はずの)これらのドラマを、彼らの期待通り素直に気に入り、毎週楽しみに視聴しているわけです。それなのに視聴率が悪いから途中で打ち切り、って何なんだよ?!本当にそうなったら視聴者に失礼過ぎるっつーの!!


 まだどうなるか分かりませんが、過去にはそういった例も確かにあります。こういうのもテレビ離れを誘発する一因だと思うんですけどね。


スポンサーサイト
別窓 | テレビ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<キモいことだらけのあのCM | 瑠璃色幻想曲 | あなたの本>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |