現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
旅行先で美味しいお店を探す方法

2015-06-06 Sat 19:00
 先日札幌に行った時のことです。

 現地ならではの美味しい食事を楽しんだ私たちでしたが、せっかくなので多少無理してラーメンも食べたいと考えました。札幌といえばラーメンですから(笑)

 旅行といっても一泊だけなので、ラーメンを食べられるチャンスは恐らくこの1回のみ。出来れば感動レベルの美味いラーメンを出すお店で食べたいところです。

 しかし何の知識もなくガイドブックも持っていない、かつ既に酔っぱらってネットでググるのもかったるいから嫌だ、というどうしようもない(笑)私たちが、美味いラーメン店を“当てる”ことなんて出来るのか?

 こんな時、私がよく使う手があります。地元(札幌)在住の風俗店の客引きのお兄さん…大都市の繁華街なら至る所にいらっしゃいます…彼らに「この辺で美味しいラーメン店ってどこですか?」と訊ねるのです。もちろんラーメン店に限らず目的に合わせて「焼鳥屋」「スープカレー屋」でもOK。私の経験では過去ほとんどのお兄さんが気持ちよく丁寧に教えてくれました。一応別れ際にはひと言お礼と、加えて「後で(お兄さんの)お店に行くかも知れないから名刺だけちょうだい!」と言い残すのが肝です。まぁ「行くかも」ですから嘘はついていません(笑)

 この方法のメリットは、地元をよく知る人、かつ商売柄横の繋がりが広い(情報が集まりやすい)人に聞くことで、より信頼度の高い最新の情報が得られることです。まぁラーメンの好みは人それぞれなので、時には自分の口に合わないこともあります。そんな時でもとりあえず「地元の人好みの味を味わえたんだから、まぁいいか」と割り切ることができ、損した気分になり難いという点でも有効かと思います。

 ついでにご紹介すると…以前、広島滞在中にガイドブックのトップに掲載されていた人気の広島風お好み焼き店と、現地の客引きのお兄さんおススメの広島風お好み焼き店両方で食事したことがありました。その時も前者は「美味しいけどまぁこんなものだよな、東京で食べるのとさほど変わらないな」。後者はひと口食べて「お好み焼きなんてどれも大差ないと思っていたけど、ここのは明らかに美味い!」と、その違いを実感したものです。

 さて、話を戻しまして…この時はすすきので客引きに励む、若くて優しそうなお兄さんから、「定番の美味い店」と「知る人ぞ知る美味い店」それぞれいくつか教えてもらえました。その中から営業中で一番近かった「百戦麺磨 鬼武者」というラーメン店を選んで行ってみました。


photo3


外観・内装とも今どきのお洒落なラーメン店といった感じ。入口を入ってすぐのところに鎧兜一式がディスプレイされていました。カッコいいしコンセプトへのこだわりを感じます。


photo1


 一緒に行った友人はあくまでも札幌=味噌ラーメンが食べたいらしく「鬼味噌」という味噌ラーメン。


photo2


私は「武者醤油」という醤油ラーメンをいただきました。ちなみに私の中の札幌ラーメンはあくまでも醤油味なのです。

 いやぁ、酔っぱらっていてよく覚えていないのですが(笑)複雑で濃厚なスープが美味しかったです。かなり私好みの味でした。麺もモチモチして美味しかったですね。味にも満足でしたが、地元の人に教えてもらったお店、旅行者だけでなく地元のサラリーマンらしき人が利用するお店のラーメンを食べられた、ということにも大満足でした。

 今度は空腹の時、一軒目に利用したいですね(笑)



スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<愛犬が血便を出してしまいました | 瑠璃色幻想曲 | 消えた5,000円の謎>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |