現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
AKB総選挙・スピーチの価値

2015-06-09 Tue 19:38
 先週末、福岡・ヤフオクドームで「第7回AKB48選抜総選挙」が開催されました。

 私は第3回から第6回まで、お祭り騒ぎに乗っかるノリで毎年1票ずつ投票してきましたが、今年は何となく興味が湧かず、結局投票どころか投票権付きCD(「僕たちは戦わない」)すら買わずに終わってしまいました。

 それでもなんだかんだ順位は気になるもの。土曜日のテレビ中継は録画し、後で早送りしつつざっと確認しました。そこで感じたのは、

「賛否両意見あるけれど、改めてAKB総選挙って開催する価値のある、よいイベントだよな」

ということです。

 ランク入りした各メンバーのスピーチを聴いていると、順位に関係なくほとんどのメンバーが、この1年間の自分自身と純粋に向き合い、ファンや家族や関係者に素直に感謝する様子が感じられたんですよね。見ているこちらも心が洗われるような清々しい気持ちになりました。そして改めて、ある意味残酷なイベントではありますが、こういった機会は貴重であり、イヤだからと避けてしまっては人間的に成長しないだろうな、と思いました。

 20代の頃、私は営業マンとして毎日ノルマ、事務処理、納期管理、クレーム対応など目の前に溢れる問題に終われていました。本来やらなければならない、社内表彰レベルの大きな目標を掲げ、計画的に受注活動に取り組む、なんてことは二の次でした。

 しかし年に一度の昇格試験の日が近づき、上司から自分が受験する権利があることを通達されると、憑き物が取れたように純粋な気持ちになるのです。

(あぁ、上司はちゃんとオレのことを見ていてくれたんだ…それに引き換えこの1年、オレは胸を張れるだけの十分な活躍が出来ていただろうか?とりあえず今回は有難く受験させていただこう。そして明日からまた1年、もっと評価されるようバリバリ頑張るぜ!!)

…なんて、思わず“心が清らかな輩”になってしまうんですよ(笑) そんなかつての私と、ランクインしたAKBメンバーの気持ちって結構似てるんじゃないかな?などとテレビを見ながら勝手に想像した次第です。

 確かに総選挙はCDを売り、話題性を高め、金儲けするために開催されるイベントであることは間違いありませんが、こういった見方をすると、また別の面白さがあるかも知れませんね。


スポンサーサイト
別窓 | エンターテインメント | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<愛犬to紫陽花 | 瑠璃色幻想曲 | 愛犬が血便を出してしまいました>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |