現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
昔、脱退した理由

2015-06-12 Fri 20:15
 久々に会った友人から「もうバンド活動はしてないの?」と訊ねられました。

 確かに私は過去にバンド活動…といっても趣味のお遊びでしたが…これを優先順位上位のアクティビティとして大切にしていた時期があります。しかしやめて8年になるでしょうか?仰る通り現在は完全に撤退。ついでに音楽鑑賞も“趣味”ではありません。

 第三者には極めてどうでもよいことですが(笑)今思うとやめた理由はいくつもあります。

・初ライブが成功し、お腹いっぱいになってしまったから
・一部のメンバーの大幅なモチベーションダウンに辟易したから
・前進するためには“ルール無視の野球ごっこ”ではなく、最低でも“草野球”が出来るようになる必要を感じたが、そのための努力をしたくなかったから
・ギグバッグを担いで地元商店街を歩くことに違和感を覚えたから
・スタジオ練習日、予約した時刻になっても私以外誰も集まらない(誰もが「自分だけなら大丈夫だろう」と甘ったれて遅刻する)状態が続いたから

…まぁ友人も社交辞令で訊ねてくれたのでしょうから、こんなに詳しくは語りませんでしたが。

 でも本当は、これらの理由以上に

“バンド活動をする自分(たち)のことがカッコいいと思えなくなった(どちらかというとダサく思える)から”

というのが大きかったかも知れません。

 中年カテゴリーに突入し、若い頃よりもデブってハゲって劣化したオッサンたち(私だけはそんなことないと思っていますが・笑)が古いセンスを引きずり、気持ちだけはイケてるロックンローラーを気取って仏頂面で演奏…客観的に見たらクールというより不気味以外の何物でもない(笑) まるでかつてのアイドル女子レスラーが年を取り、“おっきいオバサン”になっても気持ちだけはアイドル時代のまま、リングに立つようなものです。

 まぁ宴会の余興でちょっと披露するくらいならデブだろうがハゲだろうが誰も気にしない、いやむしろウケる小道具にすらなり得ます。でもそれ以上を目指すために時間・お金・情熱を注ぐのはどうだろう?想像した時に、私は「ないな」と判断したわけです。

 その後私は登山や野菜に関心が移ったわけですが、それは

「綺麗な景色が見たい」
「いつも食べている農産物のことを詳しく知りたい」

という単純な理由はもちろん、

「自然に感謝出来る人、逞しく自然と向き合える人」
「美味しい立派な野菜作りに人生を賭ける人」

が無性にカッコよく思え、自分もいつかそうなりたいと願うからなんですよね。今の私には中年ロッカーよりも彼らの方が断然カッコいい。そうなるために時間・お金・情熱を注入したいと強く感じます。それにこちらなら年を取っても、デブでも、ハゲでも堂々と取り組めるし、むしろ健康によいですから。最高ですよ(笑)

 まぁ価値観は人それぞれ。これはあくまでも私個人の見解です。バンドでも登山でも野菜でも、その人が幸せなら何に夢中になろうが結構なことです。


スポンサーサイト
別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<紋切型社会―言葉で固まる現代を解きほぐす | 瑠璃色幻想曲 | 「サラリーマンのスーツなんて、ただの作業着」に拍手>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |