現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
まだいたの?!名刺交換という名の研修に挑む新入社員

2015-06-16 Tue 20:01
 今日、山手線某駅付近を歩いていると、久々に遭遇してしまいました。

“すみません!今、新人研修で出来るだけたくさんの人と名刺交換しているのですが、(名刺交換を)お願い出来ませんか?”

と語り掛けてくる新入社員クンに。


 私は過去に同様の依頼を受けた経験が何度もあります。最初の頃は「大変ですね!喜んで!!」みたいなノリで応じていました。しかし、その頃からマンション投資の勧誘電話、それも断ると逆切れしてしつこくリダイヤルしてくる悪質な勧誘電話が一気に増えたんですよね。たまたまかも知れませんが、交換した名刺を改めて確認すると、どれも不動産関連企業なわけでして…。

 よって現在はこういった依頼は全て断ることにしています。新入社員クンには何の罪もないので、ちょっと可哀想なんですけれどね。せめて“実社会はFacebookの友達申請みたいに簡単じゃないよ”ということを察して頂けたら幸いですよ。

 まぁ、実際に不動産会社がこうして収集した個人情報を悪用しているのかは、私は判断出来ません。もしかしたら本当に新入社員の度胸づけ目的で行われている、伝統の研修システムなのかも知れない。

 しかし、もしそうだとしても、今のご時世既存の取引先や新規取引開始を期待する相手ならともかく、見知らぬ相手に名刺(個人情報)をやすやすと譲渡することには、まともな社会人なら誰だって抵抗を感じるはず。企業の経営者もいくら伝統とはいえ、こういったやり方にもっと敏感になり、方法を改める必要があると思うんですよね。何となく「いや、オレの若い頃は1日○百人と名刺交換したものだ!!」と譲らないワンマン社長の姿を想像してしまいますが(笑)そういう意味でも古い頭の信用出来ない会社なんだろうな、とネガティヴに感じてしまいました。いずれにしても会社にとってはマイナスじゃないですか?こういうの。

 可能性があるとしたら駅なんかじゃなく、自社商品(不動産会社ならその取扱商品)を求めていそうな人や企業が集まる展示会などのイベント会場を探して声を掛ければ、名刺交換が成功する可能性が高いと思うんですけどね。…まぁ新入社員にそこまで想像しろ、というのも酷か…。



スポンサーサイト
別窓 | ビジネス | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<「絶歌」を買うくらいならメガデスのCDを買う方がよほど人生が豊かになると思う件 | 瑠璃色幻想曲 | 紋切型社会―言葉で固まる現代を解きほぐす>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |