現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
無力

2015-06-28 Sun 14:23
 愛犬が重病で入院しました。

 いつも元気な愛犬が2、3日前から急に元気がなくなり、心配になってかかりつけの動物病院に連れて行ったのが昨日。

 体温を計ると高熱を出していることが分かり、抗生物質ほか薬を投与して、1日様子を見ました。普通の風邪ならこれでほぼ治るそうです。しかし今日になっても様子に変化がないため、再度病院で血液検査をしてもらいました。

 その結果…といっても現時点でハッキリとした病名までは判明していないのですが…想像以上の重症である可能性が出てきました。何か変なものを食べてしまったことによる中毒症状、もしくは体質的に免疫力に問題があることで、貧血、黄疸、血尿などの症状が出ている状態、という可能性が高いらしいのです。確かに元気がなくなってからきれいな薄いピンク色の皮膚は部分的に白、または薄黄色っぽく変化しています。

 そしてそれ以上にショックだったのが、

「突然死する可能性もあるので、今すぐにでも入院させた方がよい」

という獣医さんのキツすぎる言葉。原因が分からない以上、愛犬を入院させて毎日検査しながら1日2回の投薬を繰り返して様子を見る。それで改善が見られなければ別の原因を疑って相応の治療を試みる、というやり方をしたい、というのです。もし、離れ離れになるのが嫌ならば、毎日午前と午後にこれらの措置を受けに病院を訪れ、夕方から翌朝にかけてのみ自宅で一緒に過ごす。もちろん愛犬は病気ですから普段のように遊んだり散歩したりは不可能。自宅で過ごすといっても、あくまでも横になるだけです。これなら入院させなくてもOK…そんな悲しい代替案も提示されました。

 こんな時、どんなに愛犬を愛しているといっても、飼い主って本当に無力です。愛犬のためにとペット看護師の資格まで取ったのに、やはり自己満足でしかなかったのか、と痛感させられました。なぜなら今の私には早く病気が治るよう祈るくらいしか出来ないからです。「入院させてください、どうか愛犬の病気を治してやってください」それ以外に言えることがあるとは思えませんでした。仮に私がまだ中学生か高校生なら、「オレは愛犬の病気を治せるような獣医になってやる!」なんて決意したかも知れません。でも普通に考えたら私はとてもそんなことが言える年齢ではなく、そんな夢を持つことさえ現実的とはいえません。重ね重ね私は無力です。

 熟考した結果…というか実質選択肢なんてありませんでしたが、愛犬をそのまま残して帰る、すなわち先生を全面的に信じて入院させることにしました。縁起悪いかな?と一瞬躊躇しましたが、診察台に乗せた愛犬とのツーショット写真も撮りました。何か形に残したかったのです。





「…先生、コイツの名前、私が命名したんですよ。ラテン語らしいんですけど幾つか意味があって、そのうちのひとつが『生き甲斐』っていう意味なんです。コイツは一家の生き甲斐なんです」

お恥ずかしい限りですが、涙が止まりませんでした。病院を後にする時、元気がなくてあまり動きたがらないはずの愛犬が上半身を起こし、一瞬見せた『えっ?ボクを置いて行っちゃうの?!』とでも言いたげな顔が忘れられません。

 帰宅後。

 もちろん家の中に愛犬はいません。今日あたり愛犬の抜け毛だらけの家の中を掃除しようと思っていたのですが、愛犬のいた形跡を消してしまうようでどうしても出来ませんでした。家の中、どこにいても虚しさで息が詰まりそうです。改めて愛犬の存在の大きさを感じました。まだ入院させたばかりで落ち込みが激しく、悲観的にしかなれませんわ…。

 とりあえず毎日愛犬の様子を電話で確認しつつ、回復を祈りたいと思います。


スポンサーサイト
別窓 | ペット | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<今、私が望むこと | 瑠璃色幻想曲 | NTTに勝手に契約解除されてしまいました>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |