現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
プロレス的な“動物と話せるハイジ”

2015-07-01 Wed 00:00
 6月27日に「天才!志村動物園」の2時間スペシャルが放送されました。

 私は普段この番組を視聴しているわけではありませんが、新聞のラテ欄を見たらあの“動物と話せるハイジ”の企画も放送予定とあり、関心を持ちました。

 私はこのハイジのパフォーマンス、およびこれをあたかも本物の能力のごとく紹介するテレビ局の姿勢が嫌いでして、過去に当ブログで自分なりに批判してきました。

【参考】
“動物と話せる女”はガチか?インチキか?(前編)
“動物と話せる女”はガチか?インチキか?(後編)
今回は酷かった“動物と話せるハイジ”

よしっ、久しぶりにあのインチキパフォーマンスを見てやろうじゃないか。そしてまたこのブログで突っ込んでやろう!そう考え番組を録画したのです。

 ところが先日ここに記した通り、番組放送当日から翌日にかけて、私は愛犬の病気のことで頭がいっぱい、テレビどころじゃなくなりました。最近やっと録画していたことを思い出し、見ることが出来たのですが…これまでとはちょっと違った角度からハイジのパフォーマンスおよび「天才!志村動物園」という番組を眺めることが出来たと思っています。

 今回はハイジが世界の不思議な動物と向き合う新コーナー、題して“動物と話せる女性・ハイジワールドツアー”、その第1弾だそうです。舞台はアメリカ・オクラホマ州にある動物園。ここでは一頭のライオンと3匹のダックスフントが同じ檻で飼育されています。彼らと“話す”ことでハイジが彼らの気持ちを理解するという趣旨でした。

 しかし…私が見た限りではこれまで述べてきたことと同じ理由から、相変わらずヤラセ以上でも以下でもなかった、というのが正直な感想。特にカメラのカット割りでかなりガチっぽく見せていたな、と感じます。最後に犬が蛙を見つけるシーンも胡散臭いし(笑)

 とはいっても視聴者が楽しければよいのだし、実際楽しんでいるからそれなりの結果(視聴率)を獲得しているのだろうな…最近はそんな感じで見ていました。

 ただ、現在の私は愛犬の病状が心配で自分自身も精神的に不安定な状態です。そんな私の目にはハイジのパフォーマンスがガチかヤラセか?よりも、少なくとも自分の周りにはこういう人に現れて欲しくないな、万が一ガチだとしても無責任に愛犬の気持ちを代弁して欲しくないな、そんなことばかり考えながら見てしまいました。なぜなら動物だって人間と同じ生き物です。6歳なら6年間の人生(獅子生?犬生??)があるはずです。第三者がそう簡単に真意を理解出来るはずありません。何だかこのコーナーそのものがとてつもなく薄っぺらに見えてしましました。

 よって、ハイジの企画は純粋に動物が好きで、精神的に安定している人がファンタジー的に見ればよいと思いました。プロレスをガチの勝負だと信じて応援する人にいちいち「あれは八百長だ」と口出しするのはナンセンスですよね。それと同じで「ハイジ凄い!」「動物と話せるなんて羨ましい!」という人が周囲にいたら、我々は優しい目で見守ってあげればよいんです。

 逆に私はハイジよりも番組前半で放送された「ハリセンボンのどうぶつマンション」や「森泉のDIY ~泉組~」に好印象を持ちました。「ハリセンボンのどうぶつマンション」では、生後1ヶ月と2ヶ月それぞれのコーギーの赤ちゃんが登場。ちょこちょこ危なっかしく歩き回る様子が可愛い過ぎ。それだけの企画ですが見ているだけでこちらまで幸せな気持ちになれます。「森泉のDIY ~泉組~」もよかったです。森泉率いる泉組が、ある人手不足の動物保護施設の空き地にドッグランを作るという企画。虐待や飼育放棄された不幸なワンチャンが楽しそうに走り回る姿に感激しました。

 まぁ、見る人が見ればこれらの企画にも突っ込みどころ満載のはずです。でも私は愛犬入院の悲しみを一時的ながら忘れて、純粋に番組を楽しむことが出来ました。

 つまりこの番組の視聴者ってほとんど全員が動物好きなのだと想像しますが、同じ動物関係の企画でも企画によっては確実に視聴者を選ぶのでしょうね。そう考えると、やはりハイジの企画だけは良し悪しはさておき異質です。見た目は似ていてもプロレスファンが総合格闘技を「地味だ、つまらない」と批判し、総合格闘技ファンがプロレスを「あんなの八百長」と批判する。それに近いかも知れませんね。



スポンサーサイト
別窓 | テレビ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<天使と過ごした6年半 | 瑠璃色幻想曲 | 今、私が望むこと>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |