現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
フジテレビがズレまくっている理由(想像)

2015-07-25 Sat 00:00
 若者のテレビ離れが顕著な昨今ですが、民放地上波放送局の中でも特にフジテレビの不振が話題に上ることが多いようです。

・ドラマは概ね低視聴率
・バラエティはヤラセ疑惑に企画もショボくタレント頼み
・ワイドショーは主婦にウケの悪いオバサンキャスター起用でボロボロ
・世界的アスリートに失礼な質問をしたり、ダサいパフォーマンスを要求したり
・特番も仕切りが悪い

…ネガティブなネタの宝庫ですね(笑)

 でも私的には「めざましテレビ」の“独自路線化”、暴走ぶりにイライラさせられっぱなしです。(←なら見るな・笑)具体的には…

◆ファミリー(出演者)の仲間意識を必要以上にアピール。ちょっとしたことでも大声で笑って楽しそうなムードを無理矢理演出。
◆(もともと報道・情報番組だとは思っていませんが)バラエティ番組並に芸能・エンタメ色が強い。特に変なのが、歌番組の特番翌日に長々と尺を取り、既に終了しているその番組(歌番組の特番)のVTRを“名場面特集”のようなノリで延々放送。
◆自社アナの結婚や異動を、普通の社会・芸能ニュースと同等に扱い報道。

など、我われ一般庶民の感覚からかけ離れたものが目立ちます。中でも最近特に気持ち悪いのが、

◆会社的には部長クラス以上であろう立場の三宅や軽部が依然第一線で画面に映りたがる風潮。それもアナウンスするのみならず、ハリウッドセレブやアイドルのインタビュアーを率先して買って出たり、オッサン2人で散歩番組のノリではしゃぎながら町を歩いたり。前者ではミーハーなファンを装い下手に出るくせに、後者では物珍しさに近寄ってくる一般人に対し、あたかも芸能人のごとく偉そうに振る舞うのもあざとい。

 一昔前のテレビ業界の姿勢そのまんまじゃないですか?それをモニター越しに見る若いアナウンサーが必要以上にキャーキャー騒いで笑うのも気持ち悪い。恐らくもともと年功序列色が強い上に、こういった世間ズレした思考やセンスが会社内に充満しているので、時代のニーズがつかめずに視聴率を落としまくっているのでしょうね。

 そういえば先日、こんなシーンがありました。放送開始直後に、出演者が持ち回りで日常のちょっとした面白いシーンを写メで紹介するというコーナーです。その日の担当は軽部。

「普段は滅多に見せないのですが」

などと勿体つけ、見せたのは社内の自分の机の上の画像。具体的には書類の山に囲まれたPCと、僅かに残されたスペース。つまり汚らしい自分のデスクの様子がウケると思ったのでしょうね。しかもご丁寧に「今月中に移動させなければならない」などという視聴者的には全く要らない情報つき。

 これが軽部本人の独り善がりのつまらないネタであることは言うまでもありませんが、私はこれを見てFacebookの自慢話と同じだと思いましたね。しかもジジイが書く古いセンス丸出しの(笑) 長年社に貢献したベテラン社員相手に文句を言える人も少ないのかも知れませんが、結局こういう人たちが幅を利かせている限り、会社も番組も心機一転生まれ変わるなんて無理なのでしょうね。

 ちなみにこの翌日、同コーナーに画像を提供したのは、ショーパンと結婚した中村アナ。彼が出してきたのは新婚旅行で行ってきたという、グランドキャニオンのような岩の砂漠で撮影した風景でした。しかもよく見ると被写体の岩と彼ら二人の前には水溜りがあり、いわゆる“逆さ岩(?)”までもが綺麗に写っています。風が全くなかったようで完全に“鏡”状態でした。そしてその遥か向こうに、二人と思しき人物がジャンプした状態で写っています。かなり小さく写っているので一見誰だか分からなかったり、誰が撮影したんだろう?と想像したり、色々と興味を引く画像でした。…分かります?


毎回とは言わないまでも、こういう“誠意”が欲しいんですよ~!!


少なくとも「オレの汚ねぇ机でも見せときゃ、バカな視聴者は面白がるだろう」のような傲慢さは感じません。出演者、特に軽部はこの画像と前日の汚い机の画像を比較し、何を思ったのでしょうね?気になります。

 古いセンス、内輪受け狙い、上から目線的押し付け、そしてそれを批判出来ない上辺だけの仲良しアピールは要らないし、公共の電波を使って押し付けて欲しくないですね。

 何となくですが、めざましテレビがまともになれば、フジテレビ全体の視聴率も回復する…ような気がします。もちろん責任は持ちませんし、どうでもよいのですが(笑)


スポンサーサイト
別窓 | テレビ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<犬恋しい日々 | 瑠璃色幻想曲 | 感動のワンちゃんエピソードの残酷なひと言>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |