現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
芸人の車を破壊して視聴者が喜んだのはいつの時代?

2015-08-01 Sat 00:00
 7月25~26日にかけて放送された「FNS27時間テレビ2015」に関するネガティブな話題が色々とネットを賑わせているようです。

◆歴代ワースト3位の低視聴率
◆芸人所有の高級外車破壊騒動
◆カナダの討論番組パクリ疑惑
◆出演者着用Tシャツに堂々プリントされた差別用語
◆裏番組「世界の果てまでイッテQ」(イモト登山企画)の方がよほど本気、笑いも感動もあって面白いという世間の声
◆ナイナイ岡村が一般女性に電話で告ったら「上司に確認して…」とスカされる(笑)


まぁフジテレビの不振ぶり、視聴者の厳しい目は今に始まったことではありません。それ以上にフジテレビそのもののセンスや常識、倫理観が世間とズレまくっているので、こうなることは多くの視聴者が期待…いや、予想していたのでは?

 中でも私が“ズレているフジテレビ”を痛感したのが、平成ノブシコブシ吉村の2,000万円したというBMWを破壊した件です。視聴者のみならず局内からも批判の声が上がっているそうですね。

 タレント(芸人)の愛車を破壊したり、スプレー塗料などで汚したりする行為は、過去にも何度か見ました。あるネットニュースは「昔から同番組内で行われていたが、それはたけしやさんまのようなビッグネームがやるから面白かったのだ」と分析していました。私はこれも一理ありますが、それだけではないと思います。

 日本人は昔から、皆が横一線に並んで幸せになることを好み、誰かが抜きん出ると叩く傾向にあります。「出る釘は叩かれる」というヤツです。

 例えばかつて世間を騒がせたロス疑惑・三浦和義氏なんてまさにその典型です。

 彼は最終的に無罪、つまり犯罪者でも何でもなかったわけですが、当時マスコミが彼を叩く様は凄まじいかったです。なぜか?後に作家の島田荘司氏が「三浦知良事件」というノンフィクション作品の中で分析していました。それによると彼の祖母は女優という憧れの職業に就いており、彼自身も(当時)若くてハンサムな青年実業家。海外旅行がまだ庶民の憧れだった時代にビジネスで海外を飛び回り、女性関係も派手。そんな人生の勝ち組代表みたいな彼のことを、多くの日本人は「けしからん!こんな奴は悪いことばかりしているに違いない!!」と決めつけ、社会的に抹殺したくて仕方なかった。マスコミはそんな国民の溜飲を下げる手伝いをすることで、視聴率アップを狙ったというわけです。

 私は、芸人の車を破壊するという行為に対する視聴者の反応もこれに似ていると思います。

 かつての(お笑い)芸人といえば、(昔のたけし軍団が分かりやすいか?)バカで無学、顔も不細工、面白いのはほんの一握りでその他大勢は何の芸も持たない、存在自体が汚らしいというイメージでした(個人差あり・笑)。そんなどうしようもない輩が高級車に乗っていれば、「あんな芸のないつまらない奴が、テレビでレクリェーションみたいなことして騒ぐだけで、いい車に乗れるのか?けしからん!!」と感じる。したがって彼らの車が破壊されればスカッと爽快、喜んだわけです。

 しかし時代は流れ、視聴者の価値観も変わりました。いつの頃からか、芸人がプライベートネタや仕事の裏話を普通にテレビで喋るようになった。「若い頃は月給5万円しかもらえず辛かった」とか、「雛壇要員として生き残るために必死にトーク内容を研究している」などです。

 するとわれわれ視聴者にも、(バラエティ番組で遊んでいるようにしか見えない彼らも色々と苦労しているんだな、サラリーマンの方が大変だと思っていたけど、どんな仕事も大変なんだな)みたいな情が湧いてくる。そうなると視聴者心理は完全に芸人側。彼らの車が破壊されても笑えない。

 それに最近はどちらかというと(多少のひがみはあっても)頑張っている人、前向きに努力する人を認めて応援する風潮が強いと思います。そうして稼げるようになった人の愛車を理由もなく壊すわけですからね。視聴者がどんな反応するか?予想出来ませんでした、ではどうしようもないです。

 私は特にフジテレビを批判したいわけではありません。しかし他局の番組を見ても特別何も感じないのに、フジテレビを見ているとこんな感じで強い不満を感じることが実に多いです。気づけば突っ込み所を探して常にチャンネルを“8”に…なんてことはないか(笑)



スポンサーサイト
別窓 | テレビ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<LINEという毒 | 瑠璃色幻想曲 | まとめて(サラッと)読書感想文(20150730)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |