現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
台本のススメ

2015-09-19 Sat 07:24
 都内のJR東日本の施設で放火が相次いだ事件の犯人が、先日逮捕されました。

 この犯人の男、既に皆さんご存じの通り、色々とツッコミ所満載ですよね(笑) 私は特に職業=“自称ミュージシャン”というのがツボにハマりました…って、ただ趣味でバンド活動してるだけじゃん!!(笑) これが罷り通るのなら、もし将来私に何かあったら、肩書きは職業=“自称心霊研究家”または“自称超常現象研究家”として欲しいものです(笑)

 それはそうとこの野田伊佐也という自称ミュージシャンですが、彼が所属していたバンド関連の動画が今、あちこちの番組で流れています。聴けば歌詞はダサい、曲もダサい、というか古臭い、42歳にもなって歌詞が社会への不満とガキ丸出し…まぁこちらもツッコミ所満載。でもそれ以上に私がこのバンドをダサいと感じたのは、ライブ中のMCの部分です。

 バンドの方針にもよりますが、多くのバンドは演奏中に何度かMC、つまりオーディエンスと対話する時間を設けるものです。目的は水分補給、休憩、ギターをチューニングし直す、オーディエンスを飽きさせない、会場の雰囲気を一新させる…様々です。

 しかしこの“自称ミュージシャン”バンドのライブのMCを見ていると、逆にMCを挟んだことでもう痛々しいほどにダレダレ。会場の空気もシラーッと凍りついているのが分かります。もちろんバンドですからメインは演奏ですが、MCがコレだとオーディエンスも無駄に疲れてストレスが溜まりそうです。どうせ義理で渋々集まった人ばかりでしょうからなおさら可愛そう(笑) 私が過去に見た素人バンドにも、こういったミスを犯すバンドは多かったですね。

 かといってバンドマンなんて基本的に喋りに関しては素人。ではどうすればよいのかというと、私ならMC全て台本を書く。そして本番でも台本通りに各メンバーが喋るんです。もちろん本番近くなったらMCを含めて最初から最後まで通してリハーサルするとより効果的でしょうね。そうすれば変に間が空いてダレることもなく、スムーズです。…内容がウケるかどうかは分かりませんが(笑)

 かつて私のバンドがライブを行なった際もそうしました。ライブなんて初めてだったので最初はそんなこと予定していませんでしたが、途中で思いついたのです。ちなみに大まかなテーマは

MC1:オーディエンスへのお礼
MC2:バンドに関わってくれた人たちへの感謝
MC3:最後の曲のイントロに乗せてのメンバー紹介

…みたいな感じ。これをベースに台本を書き、その通り喋ったらライブが全体的に締まりました、会場のスタッフのお姉さんからも「ずいぶん慣れていらっしゃいましたね」と褒められたっけ。「いや、ライブ初めてなんです」と答えたら驚いてましたよ。


 …まぁ、そんなことはどうでもよいのですが(笑) とにかく放火は犯罪です!絶対にやめましょう。

 それに“ミュージシャン”を名乗りたいのなら、音楽だけでメシが食える身分になってから堂々と名乗りましょうね(笑)


スポンサーサイト
別窓 | バンド活動 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<4勝0敗な今シーズン | 瑠璃色幻想曲 | 早口>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |