現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
誤解する人の性質

2015-10-24 Sat 17:27
 たまに(オレって相手に誤解されてるなぁ…)と感じることがあります。

 その原因はたいてい

1.私自身の言葉の選び方、表現力、態度等コミュニケーションスキルに問題がある
2.相手の理解力に問題がある

という2種類のうちのどちらか。

 仮に原因が1なら、とにかく自分が努力してコミュニケーションスキルを磨き、(主張する内容の是非はともかく)私の意図することを100%近く理解してもらうしかありません。

 でも2だとちょっと厄介です。なぜなら相手、特に常識や価値観がゴリゴリに凝り固まって、今さら修正する気なんてサラサラない中年以降の輩を啓蒙して、マインドを変えることはほぼ不可能だと思うからです。

 例えば、この世の中に1万通りの常識や価値観が存在するのに、相手はそのうち100しか知らないとします。すると、私が何かを伝え、主張しても相手は私が言うことを100%理解出来ない。

 では相手はどうするかというと、その“100”の中から最も近いと思われる常識や価値観を抜き出し、強引に当てはめてしまう。こんな感じで誤解が生じることが多いような気がします。

 もうちょっと具体的にいうと、例えば私が

「最近、近所を散歩しながら道端の草花を観察するのが好きなんだよね。季節の移り変わりを感じられるから」

とか

「以前は外で友人と夕食といえば居酒屋が当たり前だったけど、実はあの界隈には居酒屋以外にも美味しいご飯屋さんがたくさんあるんだよね。毎週違うお店を開拓するのも楽しいよ」

といっても、相手の常識や価値観から外れていれば、

「アイツは最近スポーツにも音楽にも無関心でこれといった趣味もないみたいだよ。酒も飲まないし、つまらない人間だよなぁ。楽しみのない人生なんて生きていても仕方ないよねぇ~」

としか解釈されない。その後もずっとこのような色眼鏡を通して私を評価するわけです。

 そもそもこういった輩は自分の理解出来る常識や価値観が1万のうち100しかないことに気づいていないので、何ら疑問に感じず第三者にもそのまま伝えてしまう。私の印象は誤ったままどんどん拡散され、堪ったものじゃありません。

 かといってこのようなタイプに

「君は興味ないかもしれないけど、散歩や草花観賞だって立派な趣味じゃないかな?」
「お酒を楽しむお店以外で色々な料理を楽しむのだって、立派な生き甲斐じゃない?」

と返しても、

「そんなの趣味とはいえない」
「普通、外食といえば居酒屋だ」

などと言われてしまうわけです。こういう人を説得してまで自分のことを正しく理解させるのは正直無理、というかあまり意味がないことに気づきました。

 まぁ、これはあくまでも例え話ですし、世の中ちゃんと話せば理解してくれる人がほとんどです。でも数は少ないながらもこういう人が確実に存在するのも事実。あ~ぁ、いっそのことハッキリ言ってしまえるとスッキリするんですけどねぇ…。


「お前はphotoだから理解出来ないんだよ」



…ってね(笑)


スポンサーサイト
別窓 | コミュニケーション | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<日本シリーズ観戦@スポーツバー | 瑠璃色幻想曲 | 風の中のマリア(ややネタバレあり)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |