現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
自分に似た友達の弊害

2015-12-02 Wed 00:00
 独身の従兄が、よくこんなことを言います。

「友達はたくさんいるのに、誰も結婚相手(彼女)候補者を紹介してくれない」

ところが彼に

「じゃあ○○ちゃん(従兄)は同じ独身の友達に、誰か知り合いの女性を紹介したことがあるの?」

と訊ねると、

「いや、ないよ。だって紹介して二人が付き合ったとしても、その後下手に別れられたら最悪じゃん。紹介した手前、オレとその友達との友情にもヒビが入りかねないよ」

という、何となく想像した通りの答えが。あぁ、やっぱりね。彼は十中八九、自分と似たような環境の中で人生を歩んできた人、自分とよく似た価値観の持ち主としか仲良くしない人なのでしょう。

 でもそれだと、彼の友達も従兄同様「下手に紹介して友情にヒビが入ったら嫌だ」と考えている可能性が高く、お互いに女性を紹介したがらない関係になってしまうわけです。

 逆に自分とは異なる価値観…異なる性格、趣味、仕事(業界)、生活パターンなどを持ち、年齢、学歴、家族構成なども違う人。そういう人と仲良く付き合うのはちょっとしんどいかも知れませんが、気に入られれば

「紹介する前からいちいちネガティブなこと考えても仕方ないじゃん。別れてトラブってもその時考えればいいよ」

なんて言って喜んで紹介してくれる人も中にはいそうな気がします。

 また、女性の紹介に限らず、

「オレってそれなりに収入も地位もあるのに、お洒落なパーティーに招待される機会が全然ないなぁ」
「友達はちょくちょく海外旅行に行くのに、誰もオレには声をかけてくれないなぁ」

などと疑問を感じている場合も、原因は同じかも知れません。

 まぁ、気楽に付き合える友達だけと遊ぶのも楽しいし、構わないとは思いますが、何も疑問を感じずに「紹介してよ」を連発する従兄を見ていると、ちょっともどかしいです。


スポンサーサイト
別窓 | コミュニケーション | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<気が進みませんが…私的流行語大賞批評 | 瑠璃色幻想曲 | 絵はがきのような風景写真>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |