現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
素直な自分と向き合える機会

2015-12-21 Mon 07:24
 今年は結局、1月に静岡・由比の浜石岳に登ったのみで、私の趣味の登山ライフは終了のようです。まぁこんな年もあります。仕方ありません。

 ところで登山といえば、私は大抵単独で行動するためか、山頂でしばしば「(カメラの)シャッターを押していただけませんか?」とお願いされます。そんな時はもちろん「いいですよ」と快く引き受けますが、毎回悩むことがありました。撮り終えて「ありがとうございました」とお礼を言われた時、何と返すべきか?です。

 もちろん日本語的には「どういたしまして」が正解なのでしょうが…今、日本人でまともに「どういたしまして」なんて言う人、どれだけ存在するのでしょう?というかそれ以前に、

「こちらこそ私を信頼して依頼していただきありがとうございました。嬉しかったです」

という私の気持ちが全く籠められないんですよ。「どういたしまして」には。結局あれこれ考える間もなく、「いえいえっ!」…志村けんのかつての人気キャラのひとつ“いえいえオジサン”と化すしかありませんでした(笑)

 しかし最近、遂に「これはいいな」という温かい言葉と出会いました。「グレートトラバース 日本二百名山一筆書き踏破」にチャレンジ中の田中陽希氏が、ファンからの記念撮影依頼に応じて「ありがとうございました」とお礼を言われた時によく掛ける言葉がそれです。

「皆さんも気をつけて下山してください」

実際にはその都度「この後、天気が崩れそうなので」とか「昨日の雨で道が滑りやすくなっていますから」などが頭に付くのですが。

 これならせっかく生まれたご縁を大切に思う気持ち、相手を思いやる気持ちが伝わりそうだし、素晴らしい言い方だな、と思った次第です。余計なお世話だ、と感じる人もまずいませんよね。

 登山って、もちろんただの趣味であり、ただのレジャーなのですが、こうやって素直な自分と向き合える貴重な機会でもあります。今年はたった1回でしたが、来年はもっとたくさん素直な自分と出会いに行きたいと思います。


スポンサーサイト
別窓 | コミュニケーション | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<映画ファンは蔑ろ、コスプレファンを重宝する(フジ)テレビ | 瑠璃色幻想曲 | クオリティ低下しまくりの“今年の漢字”>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |