現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
劣化インタビュアー

2016-02-05 Fri 18:27
 今週、元プロ野球選手の清原和博が覚醒剤所持(使用?)の容疑で逮捕されました。巨人在籍時以降のヤ○ザな風貌の彼はともかく、PL時代や西武森政権黄金時代の彼を知る者として、私も大きなショックを受けました。

 ところで今回、一連の報道を見ていて、ひとつ引っかかったことがあります。既に数年前から清原の言動は変だった、当時から覚醒剤を打っていたに違いない、という推測を強調するための“証拠映像”がいくつか放送されたのですが、その中に映画か何かのイベントに登場した清原が、女性司会者との間でこんなやり取りをする映像がありました。

女性司会者「一言挨拶をいただけますか?」
清原「何をですか?」

私が見ただけでも、複数の番組がこの映像を計3、4回使い、清原の以前からの異常性を強調しました。

 実際はどうだったのか?正常ならすんなり気の利いた言葉が出てきたのか?私には分かりません。でも当時の清原って、野球以外の仕事にまだ不慣れ、もともと喋りが特に上手いわけでもない、頭の回転も決して速くない(?)、素人同然じゃないですか?したがってステージに登場した途端、こんなふうに振られたら

(えっ、挨拶?…「おはよう?」それとも「こんにちは?」…いや、そうじゃないな。何か言わないと…でも誰に?集まった記者?それとも映画関係者?誰に向かって何を言えばいいの?)

このくらい戸惑っても不思議じゃないと思うんですよね。覚醒剤は悪ですし、ファッションや入れ墨など彼のナリにも好感は持てませんが、この報道(素材の選び方)にはテレビ側に悪意を感じましたね。

 そもそも、昨今のテレビで見るインタビュアーの質問の仕方ってかなり酷いです。例えばプロ野球のヒーローインタビュー。

素晴らしいホームランでした!
「ありがとうございます」
まずはバッターボックスに立ちました
「…はい、ピッチャーが○○で、前の打席で三振取られていたんでね、何とか打ってやろうと思って立ちました」
1球目はファール!
「…ええ、球威落ちてなかったんでね、タイミングを計りました」
そして2球目はレフトポールギリギリの特大ファール!
「…自分では入ったかな?と思ったんですけどね。切れましたね」
そして3球目!バックスクリーンへの見事なホームラン!!
「…そうですね。入ってよかったです…」

こんな感じのやり取りは決して珍しくないと思います。

 でもインタビュアーは質問しているのですから、あくまでも「~の感触はいかがでしたか?」とか「~の瞬間、何を考えていましたか?」といった疑問文を投げかけるべきだと思います。個人的にはこういった“体言止め”はもの凄く失礼だし理解し難い。何より下手糞だと思います。

 それでもヒーローインタビューですから質問の仕方が下手糞でも、何をどう答えればよいか?選手も想像出来ます。しかし引退後に、芸能の仕事でこれに近いことをやられちゃ酷だよなぁ…と思った次第です。

 もう遅いかも知れませんが、清原には早く罪を償って、また野球関係の仕事をして欲しいですね。


スポンサーサイト
別窓 | マスメディア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<じゃんけん大会@居酒屋 | 瑠璃色幻想曲 | 俺たちバブル入行組&俺たち花のバブル組>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |