現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
ドラクエの思い出

2016-02-15 Mon 20:25
 今年2016年は、人気ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズ(以下:ドラクエ)が世に出て以来30年という節目の年だそうです。”光陰矢の如し”といいますが、月日の流れは本当に早いものです。

 実は私も昔からドラクエは大好きでして、これまで第1弾の「Ⅰ」からDSの「Ⅸ 星空の守り人」まで、スピンオフものを除くいわゆる“ナンバーもの”の多くをプレイしました。よい機会なので当時を振り返ってみたいと思います。


「ドラゴンクエスト」
 いわゆる「Ⅰ」。友達宅近所の商店街の玩具屋で、定価で(笑)買いました。

 当時、ゲームソフトの最新情報は専門誌から得るのが一般的でしたが、「ドラクエ」に関しては「週刊少年ジャンプ」に月一で掲載される「ファミコン神拳」情報が一番早かったと思います。その「ファミコン神拳」で“ゆう帝・みや王・キム皇”らが「面白い」とプッシュしていたので迷わず発売日に買いました。

 しかし当時はまだあまり人気なかったんですよね。あの情報がウィンドウに表示される、コマンド選択タイプのRPGがまだ珍しかったからでしょうか。

 お姫様を助けて“お姫様抱っこ”状態で宿屋に泊まると、宿屋のオヤジのセリフが「ゆうべ は おたのしみでしたね」に変わること、太陽の石が理不尽な(?)場所にあること、竜王に「もし仲間になれば世界の半分をお前にやる」と言われ、思わず「はい」と答えてしまったことは今でも忘れません(笑)


「ドラゴンクエストⅡ 悪霊の神々」
 テレビの懐かし系番組がかつてのドラクエブームを紹介する時、必ずビックカメラに大行列するドラクエユーザーの映像が使われますが、あれは今さら私が言うまでもなく「Ⅲ」発売時の映像です。

 しかし実際にはその前の「Ⅱ」発売時から、発売日に入手困難な状況はありました。「Ⅰ」発売後、その面白さが口コミでジワジワ広がり、「Ⅱ」発売日にはすぐに品切れになる店が続出したのです。私は幸い弟が近所のショップで予約していたため入手出来ましたが、発売日夜に、買えなかったクラスメートから「そっちで買えたら代わりに買っておいてくれない?」という電話が何本かかかってきて、事の重大さ(?)を知りました。

 「Ⅱ」からはご存じの通りパーティープレイが可能になりました。私の仲間はトンヌラとマリアでしたね。今でも覚えています(笑)

 確か「ファミコン神拳」で、2人目がレベルいくつの時に3人目を仲間に出来るか?競う企画があったのですが、2人目が仲間になったらすぐに殺して旅をすればレベル0で可能,ということが発売後に分かるというハプニングもありましたっけ。


「ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ…」
 この「Ⅲ」からドラクエは伝説のメガヒットタイトルのみならず、社会現象とまでなり今日に至るわけです。さすがにこの時は私らも発売日には入手不可能でして、しばらく経ってから中古で購入しました。

 ちなみに私は性格上どうしても戦士タイプ、力で敵を倒したい。僧侶や魔法使いのような非力キャラ、道具屋や遊び人を仲間にして楽しむということはあまりしませんでした。


「ドラクエⅣ 導かれし者たち」
 ストーリーが5部構成という変わったパターンでした。中川翔子がCMでコスプレしたアリーナ姫もこの「Ⅳ」のキャラでしたね。

 私は第5部のかなり進んだところ、船でしか入れないダンジョンに入った時点でバグってハニーしてしまい、やる気を失い、クリアすることはありませんでした。かなり経ってリメイク版でようやくクリアしましたけれどね。


「ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁」
 ストーリー途中で主人公が結婚するシステムが話題だった「Ⅴ」。私は何度プレイしてもお姫様ではなく、幼馴染みを選んでしまいます。あの結婚前夜の、幼馴染みとの切ないやり取りを見て、幼馴染みを選ばないヤツなんているのでしょうか?(笑)


「ドラゴンクエストⅥ 幻の大地」
 正直、詳細はあまり覚えていないですね。当時コンビニで立ち読みしたジャンプに「もしDQⅥを実写化するなら演者は誰?」という読者の投稿があり、それによると「踊り子(姉)=江角マキコ」だったんですよ。何となく納得した記憶があります。それにしても当の江角マキコは…テレビからどんどん消えていってますね。


「ドラゴンクエストⅦ エデンの戦士たち」
 プラットホームがPSになったことで内容が一気に濃くなりました。現在と過去を行き来したり、石版を集めたりとかなりクリアまでに長時間を要しましたが、私は好きでしたね。


「ドラゴンクエストⅧ 空と海と大地と呪われし姫君」
 プラットホームをPS2に変え登場した、3Dタイプのドラクエ。前作までと全く違う印象でした。


「ドラゴンクエストⅨ 星空の守り人」
 最初“通信プレイ”(友達とDSを持ち寄って一緒に敵と戦う)や“すれ違い通信”に抵抗があったのですが、面白いからと勧められ始めました。“通信プレイ”は無視して一人でシコシコ遊べるのでOK。“すれ違い通信”も意外に楽しく、外出するたびにDSを持ち歩きましたね(笑)

 
 あくまでも個人的見解ですが、やはりRPG、特に大好きなドラクエは、友達や見ず知らずの他人とオンラインで遊ぶよりも、食料を買い込み、部屋にこもって何時間も一人でシコシコ遊ぶものであって欲しいですね。

 もう大人なので(笑)今後プレイすることはないと思いますが、こんなに面白く夢のある、30年経っても思い出すだけでエキサイトするゲームと出会えたことは幸せでした。


スポンサーサイト
別窓 | コンテンツ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<オーダーメイドパネル | 瑠璃色幻想曲 | ザクザク=クッキーシュー?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |