現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
自己満足のためのウンチク≒相手を思いやるウンチク

2016-04-22 Fri 07:50
 先日、ある人に私の“ウンチク披露好き”を非難されてしまいました。

 私は気になったことについて調べ、詳しくなったら誰かに教えてあげることに喜びを感じます。もちろん専門家レベルの知識までは望みませんが、身近にいる人々の中で一番詳しい人になれたらいいな、とは思います。

 なぜ私がこのように考えるようになったかというと、社会に出て最初に就いた仕事で必要なことだったから。そしてその会社でお世話になった、尊敬する先輩の影響です。

 私は若い頃、某大企業で営業マンとして数年間働きました。そこでは様々な仕事を経験するとともに、多くの貴重な人生経験をもさせていただきましたが、当時要求されたスキル(習慣)のひとつが

『仕事上知らなかったことをそのまま放置せず、すぐに調べて理解し、己のものにする』

でした。営業という職種の性質上、毎日様々な人たちを相手に、日々変化する世の中の価値観と向き合わなければなりません。その中で初めて聞く言葉が飛び出したり、未経験の仕事を打診されたりすることは少なくありませんでした。

 人間、不慣れなこと、未経験分野には誰しも不安を感じます。私も正直、そういったことからは目を反らしがちでした。しかし実際にそのまま放置してしまえば、相手と突っ込んだ話は出来ないし、信頼関係も作れません。仕事受注に繋げることも不可能です。よって自分で調べ、上司や同僚に訊ね、最低でも自分同様知識のない人に説明・理解させられる程度にはなりたい。…でも私はウヤムヤにしがちでした(笑) 仕事とはいえ興味のないことを調べるなんて苦痛だったのです。

 そんな時、公私ともどもお世話になっていた先輩が私にこう言いました。

「○○(注:私のこと)は知らないことを学んだり、未経験の仕事の進め方を調べたりするのって嫌いか?オレは好きだな。だって頑張って調べれば、会社の中で自分が一番詳しくなれるかも知れないんだぜ?そうすれば皆オレに話を聞きに来てくれるし、詳しく教えてあげることも出来る。それって嬉しくない?」

誰かに何かを教えてあげるためには、一通り最低限の理解は必要です。自分のためではなく、誰かに教えてあげるために学ぶ。単なるモチベーションの上げ方のひとつかも知れませんが、結果としてそれが会社のため、顧客のためになり、自分自身もレベルアップする。素晴らしい考え方だと思いました。それ以降、私は仕事だけでなく、ニュースやテレビ番組など見ていて興味を持ったことを積極的に調べ、世間話のネタにして会話を盛り上げたり、情報を欲しがっている人に教えてあげたりしました。意外と多くの人が、ヘッドラインレベルの情報しか知らないものです。

 そう、一般にウンチク披露というと知識をひけらかし、自慢して物知りな自分に酔いしれるというイメージがあります。でも私の場合は相手に喜んで欲しい、相手に楽しんで欲しいから覚え、披露しているわけです。誰彼構わず内容も選ばず披露しているわけではありません。正直、そこらのウンチク野郎とは一緒にして欲しくな~い!!…まぁこれもある意味自己満足かも知れませんが(笑)

 先日も、熊本名物・辛子蓮根を「辛いものはお腹が痛くなるから苦手」と食わず嫌いしている人のために、辛子蓮根について調べました。すると蓮根の穴に詰まったものは純粋な辛子ではなく、味噌、粉辛子、蜂蜜を混ぜ合わせて作った辛子味噌だということが分かりました。実際口に入れると鼻の奥がツーンと刺激されますが、胃腸が痛くなって下痢をする唐辛子の辛さとは違います。この情報を教えてあげれば、食べてみようと思えるのではないか?期待したのですが…

「そういうウンチクは、もうウンザリ!!」

ですよ(苦)

 でも、こういう“ウンチク”って本当に迷惑でしょうか?この手の類のネタのやり取りすらない日常会話には中身もなく、知性の欠片も感じられないと思いますけれどね。例えば、

「辛子蓮根は辛くて、食べたらお腹が痛くなりそうだから遠慮しとく」
「そんなに辛くないよ」
「うわ~辛そ~!!そんなのよく食えるな!!」
「ちょっとだけ試してみたら?」
「絶対食わね~よ!!」

よりも、

「辛子蓮根は辛くて、食べたらお腹が痛くなりそうだから遠慮しとく」
「でも中に入っているのって、実は味噌、粉辛子、蜂蜜を混ぜ合わせて作った辛子味噌なんだよ」
「えっ、そうなの?じゃあちょっと食べてみようかな…おっ、これならイケるよ!」
「だろ?」
「しかも酒の肴にぴったりだね。この味を知らないまま死ぬのは、人生の大きな損失だったよ(笑) ありがとう」

の方が、お互い幸せだと思うんですけれどね、私は。



スポンサーサイト
別窓 | コミュニケーション | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<プリンスという天才ミュージシャンの音楽の思い出 | 瑠璃色幻想曲 | 自粛したバラエティ番組の代わりに放送される震災特番の無意味>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |