現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
観光・自然を楽しむならベストシーズンに

2016-05-08 Sun 00:00
 先日、奥多摩の御前山を歩いたことをここに綴りました。

 山歩きをたしなむ関東近郊在住の方ならご存じかと思いますが、この御前山は常にカタクリという花とワンセットで語られるほど、カタクリで有名な山。毎年4月中旬から下旬にかけて、山頂付近に群生する可憐で美しいカタクリと出会うことが出来ます。

 カタクリそのものは、この山に登らなくても他の場所でも見られますし、花屋さんでも購入出来るそうです。しかしこの花はとても小さく、まるで恥ずかしそうに俯くかのごとく頭(花の部分)が下を向いています。だから平地で眺めるのとは違い、上方からこちらを見下ろすように生息するカタクリを見上げながら、登山道を歩く、というのも新鮮だし趣がありますよね…といっても私は先日、途中でリタイアしてしまいましたから、あくまでも想像ですが(笑)

 私は過去に一度、この御前山に登ったことがあります。当時は歩きやすい季節に、と気温のことだけ考え、9月末に登りました。しかし9月の御前山はカタクリとは無縁だし、冬には早いので樹木も落葉しておらず、山頂からの展望もほとんど楽しめませんでした。今思えば御前山に登ったという既成事実を作るための登山でしたね。こんな時はいつも、ある知人の言葉を思い出します。

「観光地や山はどんなに混雑していても、ホテルやツアー料金が高くてもベストシーズンに行くべき」

 例えば、札幌に行くなら雪祭りのある2月、青森なら弘前城公園の桜が咲く4月。仙台なら七夕祭りの8月、北アルプスの涸沢カールなら紅葉の9月末から10月、京都なら紅葉の11月に行けば、ゲロ混みで宿泊料も高い代わりに旅行を最大限満喫出来て一生の思い出になるよ、というわけです。もちろん夏の北海道や桜の季節の京都も訪れる価値は十分あると思いますが、そう頻繁に訪れる機会がないのなら、思い切ってベストシーズンを選んでみたら?安くて空いていても、それを外した中途半端な季節に行くのはもったいないよ、という意味も込められています。

 山歩きの場合、私のような技術・体力とも不十分な者には登れる時期は限られますが、今回のように草花の成長に合わせることは出来ます。今後はそんな条件も組み込んだ計画を練った山歩きを楽しみたいものですね。


スポンサーサイト
別窓 | アウトドア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<ドコモショップにて | 瑠璃色幻想曲 | 今の自分の限界に気づいた御前山登山>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |