現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
ほんとにあった!呪いのビデオ67(ネタバレあり)

2016-06-06 Mon 00:00
noroi_67


「ロッククライミング」【ゾクゾク度:B】
 恋人とロッククライミングの練習をする投稿者。彼女が岩壁をよじ登る様子を撮影していると、上空から不可解なものが次々と落ちてきた!!


 「ほん呪」のナレーションにありがちですが、カップルで撮影した映像で「これは投稿者の男性が恋人と…」と表現されることが多々あります。間違いではありませんが、今の時代“恋人”ってあまり使わないような気が。何となくレトロな感じです。まだ「彼女」「彼氏」の方が自然で映像に集中出来ると思うのは私だけでしょうか?

 問題の映像は半透明の人間が空から何体も落下してくるというもの。新しいパターンだし、地面に叩きつけられる時の“ガッ!!”という音が気持ちいい。

 しかし…私はロッククライミング未経験なのでよくわかりませんが、この岩壁って本当にロッククライミングの練習に相応しいのでしょうか?危険すぎやしませんか?しかも練習している女性はどう見ても初心者、というか素人丸出し。下手糞です。にもかかわらず命綱もマットもなし。さらにこの女性が岩にしがみつき、右足を無造作に90度上げて岩に引っかけると、彼氏が「いいよ!いいよ!!」と盛り立てますが、どう見てもそれより上に登れるとは思えないっつーの!!(笑)


「奇怪な過去」【ゾクゾク度:B】
 「ほんとにあった!呪いのビデオ52」(2013年リリース)収録「奇怪な未来」というエピソードがある。2011年7月16日にバナナボートで遊ぶ投稿者・芝崎(仮名)たちを撮影した映像の中に、芝崎が自室アパートの部屋で首吊り自殺するシーンが映り込んでいるという内容で、その撮影日は4年後の2015年7月16日。スタッフは当時から念のため、この1ヶ月前の2015年6月16日に芝崎から連絡をもらう約束をしていたが、連絡はなかった。
 しかし問題の映像の日付から1週間前の7月9日、彼の従妹だという角井(仮名)から連絡があり、芝崎は7月に入り失踪したことを知らされる。彼女の話によれば、芝崎は投稿映像の内容を気にして占い師に相談し、一度は「よい知らせ」だとお墨付きをもらい引っ越した、ところが映像の内容が自分が首吊りするものから、血を吐いて倒れているものに変化したことに不安を感じ、やがて人を避け引き籠り、何か調べものをするようになったという。
 その後スタッフは芝崎のアパートから、託児所で起きた事件・事故の記事のスクラップブックと謎のビデオテープを発見。彼の姉からも話を聞き、おおよその事情を把握した。
 芝崎は幼い頃に預けられていた託児所のすべり台から落ち生死の境をさ迷ったのを機に、謎のお婆さんが見えるようになった。そのお婆さんはその後も彼の周囲に現れたという。また、戦後の混乱期、その託児所付近で母親が夫の連れ子を殺し、山羊の肉と偽って家族に食べさせる事件があったことも判明。何か関係があるのか?
 芝崎の行方が分からないまま遂に2015年7月16日は過ぎた。すると翌17日、彼の姉から芝崎が飛び降り自殺したとの知らせが。飛び降りたのは幼い彼が通っていた託児所の閉鎖後に立てられたマンションであった。地面で血を吐いて倒れる芝崎…彼の死はビデオの予言通りだった、とでもいうのだろうか?


 あぁ、あったあった、確かにあったなぁ、こんなネタ。当時確かに気になりましたよ。本当に2015年7月16日になったらどうなるんだろう?って。まさか実際に追跡取材していたとは(笑)

 問題の映像は、託児所の一室で大きな人形のように微動だにしない3人の幼児に迫る複数の手と、階段を登ってくる黒い人影。子供のいる部屋の映像はバックに流れる鼻歌が不気味。一方の“階段”はどうしても階段に見えないんですけど。というか、自殺シーンがいつの間にか変化したという「52」の映像を見せるのが筋では?!(笑)

 ちなみにここで紹介された戦後の殺人&食人事件は知っています。確か「怖い噂」(ミリオン出版)で読んだことありますよ。


「合唱」【ゾクゾク度:B】
 20年前、投稿者が通っていた音楽教室の発表会を収めた映像。ステージで大勢の幼児が歌い終わり、礼をすると最後列のさらに後ろに、そこにはいないはずの少女が…。


 子供たちの歌、ほとんどギャーギャー叫んでる(笑) 問題の少女は前年に火災で死亡した、この教室に通っていた少女かも…って、実に日本の怪談らしいです。


「シリーズ監視カメラ 扉」【ゾクゾク度:B】
 とある町工場の、道路に面した倉庫の大扉を映す監視カメラ映像。この扉が開けっ放しになっていることが多く、オーナーが犯人探し目的で設置したという。
 ポリバケツを運び出そうとする男がこの扉を閉めようとすると、なぜか完全に閉まらない。諦めて去って行き、道路を走る車のヘッドライトが扉を照らすと…!!


 実はそこに一人の男が挟まっていました、だから閉められなかったんです、というオチ。真偽のほどはともかく、面白いと思います、


「人形焼」【ゾクゾク度:B】
 静岡の大学に通う友人・立花と、その同級生・鴨居とともに深夜の浜辺で遊ぶ投稿者。肌寒くなり焚火を始めるが、すぐに燃やすものがなくなってしまい、鴨居が付近に何かないか探しに行く。やがて鴨居が衣類やぬいぐるみを持って戻り、焚火を続けていると、焚火から異常な音が。そして煙り越しに女性のものと思しき下半身が!!
 以前、この浜辺に知的障害者の女性ホームレスが棲みついており、地元の不良から酷い仕打ちを受けていたという。鴨居もその不良グループの一員だった疑いが浮上するが、彼は様子がおかしくなり行方不明になってしまった。鴨居が拾ってきた衣類やぬいぐるみは彼女の私物で、現れた下半身も彼女だったというのだろうか?


 脚だけ見るとけっこう色っぽい脚です。私好みの脚かも知れません(笑)

 でもこういった背景がある、なしにかかわらず、人形やぬいぐるみを無闇に燃やすのはヤバそうですね。

 それにしても貴重な睡眠時間を削って、深夜に海で焚火…オッサンにはもう永遠に真似出来ません(笑)


「テーブルゲーム」【ゾクゾク度:A】
 高校時代の友人らと雀荘で麻雀を楽しむ投稿者。点棒を取り出そうとすると、雀卓の下に不気味な少年の顔が!!


 少年は白目風でちょっと怖い。でもなぜ麻雀するところを延々動画撮影する必要があるのか?普通麻雀は両手使うし、カメラ回そうとは発想しないんじゃないですかね?

 そしてこの不気味な少年の素情。この雀荘に出入りしていた男の息子が育児放棄され餓死、その男と投稿者の顔が似ていたから出てきた、って強引すぎ(笑)


「禁忌 前編」【ゾクゾク度:B】
 投稿者が会社の同僚たちと八幡女史のアパートで、チーズフォンデュパーティーを楽しんだ時の映像。女性がブツブツ呟く声が聞こえ、隣の寝室とを隔てる襖が細く開き、彼女らに向って這い出てくるように男の腕と顔が!!これ以降、八幡は「常に何者かに見られている感じがする」と“隙間恐怖症”になり、アパート内の隙間という隙間にガムテープを貼り、窓も段ボールで塞ぎ引き籠ってしまった。
 スタッフは八幡に会いに行くが、これといった話は聞けず。しかし数人の関係者から参考になる話を聞き出すことに成功した。
<上の階の住人老婆>
 八幡が留守の時、部屋の前に彼女の婚約者を名乗る無表情の男が立っていた(八幡曰く、彼女には婚約者も恋人もいない)。
<同僚>
 八幡から以前聞いた話。彼女が幼い頃、夜中に目を覚ますと両親の寝室のドアが開いていて、隙間から父親が母親に乱暴しているのを見たことがある。今回の件はこれがトラウマとなっているのか?
<大学時代の先輩>
 大学時代の八幡は真面目な性格で、男と交際している様子も無かった。彼女は当時デザインを勉強していたが、両親の強い希望で普通のOLになった。そして2ヶ月前、知り合いの写真家・下村が“20代後半、清らかで奥ゆかしい処女”のモデルを探していると聞き、八幡を推薦した。スタッフが下村に取材しようと電話するが、切られてしまう。彼は今回の件と何か関係があるのか?
その後、八幡が雑木林で首吊り自殺を図り、病院に搬送されたとの連絡が…。


 このエピソード、途中まで見てようやく「あ、今6月か。ということは今回の3ヵ月連続リリースのメインエピソードってこれなんだ」と気づきました。これまでメインエピソードは3巻にわたり「前編・中編・後編」と収録。さらに各巻でも2話に分割され収録されていたわけです。これが今回、スッキリ1話にまとめられていたので非常に見やすいですね。やたら複雑なストーリーを計6話に分けて見せられては理解するだけで苦痛です。

 このエピソードでは1ヵ所、笑うシーンがありました。八幡が子供の時に目撃した父親の暴力について報告するシーン。

森澤「もしかしたら…子供には暴力に見えて、実際には夫婦の夜の営みだったかも知れないよねぇ。(川居に向って)よくあるよね?」
川居「私はないですけど」
森澤「…」

ちょっとだけ面白い(笑)

 でも、写真のモデルの条件を処女とする写真家も変ですが、そう言われて八幡を思い浮かべ、実際に紹介してしまう先輩もいかがなものでしょう?(笑)

 今回は比較的見やすいので、素直に「68」収録予定の続編が楽しみです。


スポンサーサイト
別窓 | エンターテインメント | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑

<<最高の試合を観戦した日 | 瑠璃色幻想曲 | まとめて(サラッと)読書感想文(20160605)>>
この記事のコメント
私も後輩の写真を勝手に送った先輩はアホだと思います。7月16日に首つりで死ぬ予定が、飛び降りで死んだのは、映像が変化したからとか、あさはかです。やはりこのへんの演出は菊池ではねえ。増本がいてくれたら、もっと面白かつたのに
2016-06-06 Mon 13:05 | URL | 無記名 #-[ 内容変更] | top↑
託児所の映像はとても不気味(特に影の動き)でオシッコチビりそうでした♪(*^_^*) www
2016-06-09 Thu 23:18 | URL | 石川猶人 #-[ 内容変更] | top↑
ほん呪ビデオではこちらのサイトには大変お世話になっております。
何度か投稿もさせていただいてます。


こちらのサイトに巡り会うまでは、殆どが本物と思ってましたf^_^;
自称霊感持ちの同僚も、殆どが作りモノで本物も一部ある。。。と、言われてもどこかで全て本物と信じていたわけです。


しかし、今回の作品一発目のロッククライミングで、やっぱ作りもんなんだなぁ~と確信が持てたわけでした(^^;
素人が命綱もなく、あんな崖登って危なくね?
毎回ネタ作りも大変なんでしょうかねw


今回も突っ込みどころ満載ですが、ほん呪見続け10数年経ち、毎年恒例夏の三部作の時期になりました。
いい加減『おぉー!』と感心する作品にして欲しいものです。
最近は新作出る度がっかり度が大きいものの、それでも見続けてしまうのですよね。
2016-06-17 Fri 17:29 | URL | しま #-[ 内容変更] | top↑
皆様、コメントありがとうございます
皆様、様々な思いで「ほん呪」を楽しんでいらっしゃることと思います。

ガチかヤラセかはともかく、今年も“夏の三部作”が見られる幸せを存分に噛み締めてください。

戦争映画やマジックはガチの戦争でも魔法でもありませんが、感動することも楽しむことも出来る素晴らしいエンタメです。「ほん呪」もそうあって欲しいものですね。

2016-06-18 Sat 08:13 | URL | 管理人 #-[ 内容変更] | top↑
68見ました
今日68話を見ました。
禁忌の死人どうしの結婚話。
この物語は下手なドラマよりも面白いですね。
しかし、冥婚に生き人を使ったらどうなるかのオチはもうバレバレです。
最後の動画前での、警告 カウントの音声はすごい音量でインパクトがありました。



2016-07-02 Sat 22:16 | URL | ウフフ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |