現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
ほんとにあった!呪いのビデオ68(ネタバレあり)

2016-07-05 Tue 00:00
noroi_68


 「ほんとにあった!呪いのビデオ68」をレンタルしました。今回は珍しく土曜日リリース。寝坊したかったのですが「ほん呪」のために朝9時前に近所のTSUTAYAに走りました…って、普通そこまでするか?!(笑)


【置き傘】(ゾクゾク度:B)
 デート帰りに恋人と公園に立ち寄った投稿者。雨が降ってきたので投稿者がバイト先のファストフード店から持ってきた置き傘を彼女が差すと、顔に液体のような何かが。そして彼女の持つ傘に大きな女の顔が!!


 彼女の顔に落ちてきた液体、ナレーションでは「血のようなもの」と言っていますが、映像を見る限り赤くないし、本人も触ってベトベトしているのを確認した上で「水じゃない!」と言っているので透明なのだと思います。でも「ベトベトしてる~」と言われるとヘンな液体を想像してしまうのは私だけでしょうか?(笑)

 問題の傘は6ヶ月前に投稿者が働くファストフード店の女性常連客が忘れていったものらしいですが、「スタッフがその女性の身元を調べると」って、傘から身元割れるの?!飲み屋じゃあるまいし、店員と個人情報交わす客って、そういないと思いますが(笑) その女性が死んでいて6ヶ月経っているならなおさらですよね。バイト店員だってその間に入れ替わるでしょうし。

 映像の女の顔は怒っているように見えて怖いです。


【花束】(ゾクゾク度:A)
 単身赴任中の夫のために、7歳の娘が公園で遊ぶ様子を投稿者である母親が撮影した映像。その公園脇には花が供えられていたが、何も知らない娘がそれを持ってきてしまう。花は元に戻したが、それが原因なのか映像の中の娘の手に別の手が重なり、さらに背後に腕のない男の姿が!!
 スタッフが周辺住民に聞き込みした結果、その花はかつてそこに住みついていた傷痍軍人に手向けられたものだった。今から60年前、そこにはある傷痍軍人が住みつく廃屋があった。手足がない彼は物乞いして生活していたが、やがて死んでしまった。その後廃屋は取り壊され公園となったが、近所の子供が事故に遭うようになったため、花を供えるようになったという。


 傷痍軍人…新ネタを手に入れましたね(笑) 映像に映り込む傷痍軍人は顔が怖いですが平面的でペラペラ。また、ナレーションでは触れていませんが少女の左手だけでなく右手にも手を繋ぐように別の手が重なっているように見えます。

 ところで映像の中で少女が花を持ってきてしまい、一度元に戻したのにその後も似たような花を手にして遊んでいます。母親が「それどこにあったの?」と聞くと少女は「そこら辺にあったよ」と答えますが…多分嘘ですね(笑) 子供が曖昧な返事をするのは大抵嘘をついている時です、多分。


【ホテル】(ゾクゾク度:B)
 投稿者が友人と北陸地方へ旅行した際、興味本位で立ち寄った廃ホテル内を撮影した映像。廊下を歩いてくる友人にカメラを向けると、その向こう側の廊下に横たわる女の姿が!!


 本当に床に寝ているみたいです。

 この日、投稿者が宿泊先のホテルの部屋で寝ていると、誰かに体の上に乗られる感じがしたそうですが、こういう“映像に映った不可解なものの正体”を匂わせるコメントって要らないと思います。そんな簡単に正体が判明するはずないし、謎のままでいいんじゃないですか?


【禁忌 中編】(ゾクゾク度:B)
<前回までのあらすじ>
「ほんとにあった!呪いのビデオ67」収録『禁忌 前編』参照

 調査が暗礁に乗り上げたスタッフは、約1年前に投稿された映像の中に似た現象を発見する。それは中国人投稿者の友人が、仲間と万里の長城で撮影した映像で、女性が何かを唱える声と男性の顔が映り込んでいたのだ。取材を進めると以下の事実が判明した。
・映像の中で、背後に男の顔が映ってしまった女性・周はその後、工場の爆発事故に巻き込まれ焼死。さらに彼女の遺体は埋葬前に盗まれてしまった。
・周は生前、職場の同僚男性からのストーカー被害に悩んでいた。その男性は周より先に焼死していた。
・中国には「冥婚」という、若くして亡くなった者同士をあの世で結婚させるという弔い方が存在する。冥婚する両者の死因は同じ方が望ましい。
・中国では冥婚目的で遺体が盗まれ密売されたり、女性が殺害されたりすることもあるという。
 これらのことから、周の遺体は冥婚目的で盗まれたのか?いや、むしろストーカー同僚の冥婚相手にさせられるために焼死させられたのか?そして自殺未遂により現在危篤状態の八幡に起きた一連のことも冥婚と関係がある、とでも言うのだろうか?


 まずは、「ほん呪」に投稿する中国人がいたことにビックリです(笑) 私はどうしても疑いの目で見てしまいがちなので、投稿者の崔というオネエチャン(オバチャン?)も本当に中国人なのか怪しいです。それに死んだ周の周辺調査中、勤務していた飲食店の同僚(中国人?)相手にスタッフが英語で会話するのもちょっと引っ掛かります。無くはないですが。

 問題の映像は、せっかく万里の長城で撮られたのに微妙…。


【クリスマス】(ゾクゾク度:A)
 26年前に撮影された、当時6歳だった投稿者が家族でクリスマスパーティーを楽しむ様子を撮影した映像。ベランダへと続くガラス戸に不気味な女の顔、そして隣の和室に少女の姿が映り込んでいた。
 当時、投稿者の弟が遊んでいた子で、継母に虐待され栄養失調で衰弱死した少女がいた。映像に映り込んだのはこの少女とその母親なのか?

 
 いや、それ以前になぜ親子揃ってこの家庭に集合する必要があるのでしょう?クリスマスなのにちらし寿司(?)が用意されているのと同じくらい疑問です(笑)

 ガラスに映った母親の顔は不気味でした。


【シリーズ監視カメラ 灯台】(ゾクゾク度:B)
 とあるライブカメラ映像。灯台の灯りが海面を照らすと、海に沈みゆく漁船と、画面いっぱいに映るドクロが!!


 船の霊(?)だなんてこれも新しいパターンですね。個人的には好きです。


【洗車機】(ゾクゾク度:A)
 洗車機で車を洗う様子を車内から撮影した映像。後部座席の息子の横に、四つん這いの少女の霊が!!


 私の嫌いな「ヤバイ!」という感嘆詞を多発しつつ、やたらとはしゃぐ息子。洗車が終了するとなぜか拍手までしています。そんな息子の横に異様に不気味な少女の霊。かなりキモいですね。


【続・禁忌 中編】(ゾクゾク度:B)
 スタッフは自殺未遂した八幡をモデルに起用した写真家・下村を訪ね、話を聞く。彼によると、
・彼はある顧客の依頼で、預かった男性の写真を結婚式の新郎仕様に画像修整した。同時に新婦用のモデルを探し、同様に画像修整するという依頼も受けた。
・モデルは2人探して画像を作成し、顧客に見せたが1人目はNG(後に大怪我)。2人目に起用されたのが八幡(同自殺未遂)だった。なお、モデルの条件である「20代後半」「清らかな処女」などは顧客の希望。下村は本人に無許可で顔写真を使用した。
 スタッフは冥婚によく似た「ムサカリ絵馬」という日本の風習を思い出す。日本でも処女や未婚のまま若くして亡くなった若者の霊が未練から悪霊になるのを防ぐため、本人と架空の結婚相手を絵馬に残し寺に奉納、供養するのだ。最近では写真を使うことが多いという。下村が依頼されたのはこのムサカリ絵馬作成なのではないか?
 しかし民俗学研究家に問い合わせると、架空ではない生きている者を相手として使うのはタブー(禁忌)。タブーを犯せば死者と同じような死を迎える。今回の一連の出来事もこのタブーを犯したことによる祟りなのか?
 スタッフは専門家に冥婚の資料を送ってもらう。その中に死者と生きた女性を結婚させる儀式を撮影した映像があったが…。


 前作の「67」にはこの「禁忌」は1本しかなくとても見やすかったのに、今回の「68」ではまた「続・中編」と合わせて2本収録。長いし理解しながら見るのは面倒臭いです。

 まず面白かったのは、下村を確保するシーン。最初はスタッフに対し警戒心バリバリで攻撃的だったのに、最後にはやたらと饒舌に全てを語ってしまう。

 でももっと面白いのはスタッフですね。仕事場から出てきた下村にスタッフがいきなり話しかけるも、

「私、映像制作会社に勤めるものですが、話を聞かせてもらえますか?」
→言い方違うだろ~?!何の目的も伝えずに話を聞かせろって言われても普通応じないっつーの!!

「○○さんから投稿された映像にですね、男の顔が映っていまして…」
→それだと、ただの頭のおかしな奴だっつーの!!(笑)

客観的に見たらスタッフの方が断然怪しいです(笑)

 問題の冥婚の映像は自己責任で見る警告付き映像ですが、カウントダウンの警告音がデカすぎ!!深夜見ていたので慌ててボリューム下げました。

 映像に映る花婿は死体のようですが、今時倫理的・医学的・物理的にそんなこと可能なのでしょうか?花嫁さん役の女性も相手が可哀想だから、と簡単に協力してしまったのでしょうね。霊と思しき黒い影は大したことありませんが、映像そのものが不気味です。

 それにしてもこれでようやく「禁忌」の意味が判明したし、物語の筋書きも綺麗に理解出来ました。ただ、人間“処女(童貞)、未婚で死ぬと悪霊になる”なんて知りませんでした…ちょっと酷いですね(笑)



スポンサーサイト
別窓 | エンターテインメント | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑

<<初めて線路に落し物をした日 | 瑠璃色幻想曲 | 熱中症になった私と優しい人々>>
この記事のコメント
花束は、娘の会話が棒読みで、本当の母娘ではなく、作り物ですね。それに、今時傷痍軍人をだして、どれだけの人がわかりますかね。中国の投稿映像もあんなにカメラを回して、見ていて気分が悪くなりました。良かったのは、灯台ですね。幽霊船は今までになく斬新でした。洗車機も母子の態度が自然で、リアルに怖かったです。最後に切札の警告ビデオを投入するなど、今回は概ね良かったと思います。
2016-07-05 Tue 20:10 | URL | 無記名 #-[ 内容変更] | top↑
洗車の奴は子供がわざとらしい
霊も取って付けたような感じ
2016-07-05 Tue 23:56 | URL | 石川猶人 #-[ 内容変更] | top↑
『置き傘』はヤバいですね?
彼女と彼氏以外のスタッフらしき影が写っています。
『花束』も娘の姿を見失った母親とは思えない冷静な呼び掛け、平日の昼間に公園が一杯ってのも有り得ない。
2016-07-14 Thu 23:12 | URL | 山口Bin太郎 #-[ 内容変更] | top↑
洗車の子供がうるさいですね。問題の子供の横の霊も嘘っぽいですし。
2017-03-19 Sun 19:58 | URL | 秋山蓮 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |