現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
“友達”の車に平気でゴミを捨てる“友達”

2016-08-09 Tue 18:03
 最近、父の愛車・オデッセイの周辺に、空のペットボトルや空き缶が散乱しているのをよく見ます。駐車スペースは玄関前ゆえこのままではみっともないので、その都度私が拾って廃棄していました。

 しかし父はゴミを玄関前に放置するような人物ではありません。そこで事情を聞いてみました。するとこんな回答が。あのペットボトルや空き缶は、月2回ペースで一緒にゴルフに行く、数年前から付き合うようになった“友達”が車の中で飲んだジュースやコーヒーの残骸。彼らはそれらを持ち帰ることなく、父の車の中に放置したまま車を降りてしまうのだそうです。

 父は毎回イラッとしますが、素直に自分で捨ててしまうといかにも清掃人扱いされたようで悔しい。そこで一度車外に放り出し、イライラが収まるまでそのままにしている模様。ちなみに2、3日経ってイライラが収まると自分で拾って捨てているそうです。

 それを聞いて私は(父は“友達”と呼んだけど、その人たちは“友達”ではなくただのゴルフ仲間なんだろうな)と思いました。

 ゴルフ仲間だからゴルフをしている時間は冗談を言ったり、積極的に声を出したりと相手を気遣い、楽しいゴルフタイムが成立するよう努める。でも友達ではないので、それ以上相手の心に踏み込んで深く関わろうとはしない。つまり相手を喜ばせたり相手に好かれたりするために、自発的に骨を折ろうとはしないわけです。だから父の車にゴミを捨てても何も感じないのでしょう。彼らにとってそれは、長距離列車のボックス席の下に駅弁の空き箱を放置したまま下車するのと同じなんですよね。

 まぁ父も馬鹿じゃないので、そのくらい分かっていると思いますけれどね。長年行っている母の介護に疲れた時、発想を変えて気晴らしに再開することにした趣味のゴルフです。そんな人たちですが、せっかく知り合った仲間なので、いちいち相手に怒りをぶつけるよりも、自分が我慢することでゴルフを続けることを優先したのでしょう。だから私も「ふ~ん…」とだけ返しました。

 逆に私はこれまでの人生、このような状況が生まれると、自分が信じる正義、常識を最優先し、例え人間関係が壊れても正しい自分を通す、相手に文句を言うタイプでした。そのため自己満足は満たされますが、ずいぶん損をしてきたと思います。

 まぁ結局のところ、自己満足と豊かな人間関係のどちらを優先するかの問題ですけれどね。でも、人の車にゴミを捨てていくような人はとりあえず“友達”ではない、それだけは割り切って付き合うべきですね。


スポンサーサイト
別窓 | コミュニケーション | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<BT’63(上)・(下) | 瑠璃色幻想曲 | 歩数中毒>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |