現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
成人誌を必要とする人たちを無視する声

2016-08-19 Fri 17:22
 「コンビニエンスストアの“成人コーナー”をなくせ」という一般ネットユーザーの主張が話題となり、賛否両論巻き起こしているそうです。なお、ここでいう成人コーナーとは雑誌売り場の一部で成人誌が陳列されているスペースのことです。陳列されているのはいわゆるエロ本ですが、パチンコ・パチスロなどギャンブル雑誌も含まれます。

 記事をアップしたユーザーは「3歳の息子とコンビニに行くようになって、成人コーナーが気になるようになった」らしく、

「なんであんなコーナーが堂々と鎮座してんの?」
「なんでTSUTAYAみたいに隔離してないの?」
「昼間のコンビニなんか色んな人が来る。子供も来る。学生も来る。女性も来る。それなのにあんなもんがおおっぴらに売られてることがなんで許されるんだよ」
「はっきり言って異常だよ!こんなのがまかり通ってる日本おかしいぞ!」
「あのコーナーが無くなることを切に願うよ」
(以上原文ママ)

と、成人コーナー(雑誌)を完全否定。

 私も、スペースや店内レイアウトの問題はあるでしょうが、レンタルビデオ店のようにゾーニング(売り場を隔離)するのはアリかな、と思います。しかし何でもかんでも“臭い物には蓋”というのが果たして教育上ベストなのか?子供にそういうものを見ないよう教育する親の責任は無視か?それほどまでに子供の目にエロを触れさせたくないのなら、まず(無修正も含むエロ画像・動画が簡単に見られる)スマホを与えるなよ、そっちの方が危険だろう、とも思います。まぁ人それぞれ立場や価値観が違うので意見も割れるのでしょうが。

 ところで私は以前、「こういった成人誌、誰がわざわざコンビニなんかで買うんだよ?そもそも売れてるのかよ?」と疑問に感じ、出版事情に詳しい人に訊ねたことがあります。

「ああいった雑誌はトラックの運転手、特に長距離運転手が暇潰しに読むことが多く、結構売れているらしいよ」

というのがその答えでした。実際出版不況の中、“エロ”も“ギャンブル”も他の雑誌に比べ安定してまとまった部数が出るので、出版社としても美味しいジャンルのようでした。

 トラックの運転手さんって、顧客の都合で短くない時間待たされ、トラックの中で待機せざるを得ないことが少なくないそうです。高速道路を運転中にはサービスエリアに停めたトラックの中で食事したり休憩したりすることも多い。そんな時、時間を潰すのに最も手っ取り早い手段が雑誌を読むことなのだそうです。書店と違いコンビニなら日本全国どこにでもあるし、夜中でも早朝でも開いています。品揃えの乏しい地方のコンビニでもとりあえず成人誌は置いてあるし、どのタイトルも中身は一冊で完結するから手に取りやすいのでしょう。今のご時世なら雑誌でなくスマホでもよさそうですが、充電環境や毎月の利用料金高騰がネックなのかも知れません。

 これを聞いて、

「そんな下らない雑誌よりも経済誌を読んで己を高めろよ」
「配達先の土地の美味しいラーメン情報が載った情報誌を読んで趣味と実益を一致させる方が有意義だ」
「いや、雑誌なんか読むより資格取得のための勉強でもしろよ」

と考える人もいるかも知れません。でも(想像ですが)厳しい条件で引き受けた契約のために眠気を堪え長時間運転し続けるのが彼らの仕事です。そんな過酷な環境ではとても“意識高い系”の雑誌を読もうなんて気は起きないのではないでしょうか?

 それよりも長時間孤独で寂しい自分を癒してくれるエッチな雑誌、趣味のパチンコ情報が載った雑誌を読む方が心が躍って生きている自分を感じられてよっぽどいい、というのが本音なのでしょうね。だからこういった雑誌はいつの時代も一定のニーズがあるし、コンビニの成人誌コーナーもなくならないのだと思います。

 今回の論争では、特に賛成派の意見に、こういった成人誌を必要としている人たちがいることを想像して書かれたものがほとんどなかったように感じました。つまりほとんど自分の立場や価値観だけで“こうあるべきだ”と主張しているわけです。これでは乱暴すぎます。

 まぁブログ記事ですから個人が勝手気ままに意見発信しているだけ、第三者が目くじらを立てる必要もありません。しかし自分が日常の中でチラッと感じたことを、(なぜ成人コーナーは必要なんだろう?)と一旦思慮することなく「あのコーナーが無くなることを切に願うよ」に直結させてしまうのはいかがなものか?私はそこに怖さと寂しさを感じました。


スポンサーサイト
別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<SMAPはいつまでもSMAPでないとダメなのか? | 瑠璃色幻想曲 | 幸せな気分になれる料理>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |