現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
日本人≒オタク

2016-08-25 Thu 19:31
 リオ五輪の閉会式をテレビで見ました。

 競技を終えリラックスした様子の日本人選手たちの入場、素晴らしい音楽、ダンス、パフォーマンス、美しい映像を見ていると、最初はあまり興味なかった五輪も終わるとなると寂しいな、という気持ちが芽生えます。さらに4年後に開催予定の東京五輪も絶対に成功させなきゃと、一東京都民として思いました。私に何が出来るのか分かりませんが(笑)

 そんな気持ちを胸にテレビ画面に釘づけになっていると、日本が用意した東京五輪PR映像が流れました。安倍首相がマリオに扮してブラジルに向かうという例のアレです。確かによく出来た面白い映像でした。一国の首相があそこまでやってくれるなんて凄いことですよね。

 ただ…あくまでも私個人の価値観を基に意見させてもらうなら、五輪閉会式という世界的関心事であの映像を流されてしまうと、“日本人(東京都民)は誰もがオタクでアニメ・漫画・ゲームなどが大好き”と誤解されそうで嫌です。

 例えば幼稚園児や小学校低学年くらいの子供を持つ親が子供の影響で一緒にアニメを見たり、ポケモンGOで遊んだり、幼稚園のイベントでコスプレするのは分かります。

 しかしアニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどはあくまでも子供のためのもの。企業は儲けたいから大人向けの商品をチラつかせるかも知れませんが、そこは一線引きませんか?それでも我慢出来ず成人した社会人が自分の趣味嗜好として楽しみたいのなら、隠れてこっそり楽しむか仲間とアングラな環境で他人の視線をシャットアウトして楽しみませんか?価値観が古いかどうかはともかく、これが私の本音です。一人の日本人(東京都民)の意見です。普段こんなこと表向きに主張することはないですけれどね。

 今でこそクールジャパンとか、アニメや漫画は日本が世界に誇る文化だ、なんて言われてオタクやマニアが市民権を得ましたが、同時に国民が総幼児化傾向にあるようにも見えてモヤモヤします。

 まぁ、私のような意見も反対の意見も、色々な意見があってよいわけですが、その割に昨今のメディアは私寄りの意見ってほとんど取り上げません。これが日本国内の風潮ならまだしも、全世界に“日本人は全員がオタク文化愛好家”と誤解されそうなネタを勝手に発信するのはいかがなものか?と思った次第です。私寄りの意見も存在するのだから尊重し、無視しないでいただきたいんですけれどね。

 今回のPR映像の内容って本来、外国人から見た日本という形で、外国人によって描かれるべきもののような気がします。


スポンサーサイト
別窓 | ビジネス | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<無視は意思表示 | 瑠璃色幻想曲 | 情報の女性・経験の男性>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |