現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
アイーン論

2016-09-02 Fri 00:00
 タレントの志村(けん、あえて呼び捨て・笑。以下同)が肺炎により出演中の舞台を中止。緊急入院したと知りました。

 私はドリフで育った世代です。下っ端でもじっと我慢していればいつかムカつく上司に災いが降りかかることをドリフで学んだし、「全員集合」を愛した者に悪人はいないと信じています(笑) 中でも志村はずっと私のヒーローですから心配しました。

 また、出演中の舞台って「志村魂」でしょ?私も過去に2回見に行きましたが、あれってチケット取るの結構大変だと思うんですよ。仕方ないとはいえ楽しみにしていたファンは残念だったろうな、などとあれこれ考えてしまいました。とりあえず無事退院出来たみたいなのでよかったです。

 ところで志村といえば、最近OA開始されたCMでもお馴染みのギャグ「アイーン」を彼の代名詞のように考える人が多いようです。しかし私は志村ファンでありながらどうしても「アイーン」って受け入れられない、というかよく分からないんですよね。なぜなら「アイーン」誕生の経緯がいまいち不明だし、コントの中の「アイーン」に爆笑した記憶もないからです。

 そもそも「アイーン」の表情…下唇を上唇に被せるようにして顎を突き出す、コロッケが岩崎宏美のモノマネをする時のような顔…あれって、私の記憶だと「全員集合」後期に加トちゃんがやり始めたネタでは?さらにあの顔をする時の擬音(?)は「アイーン」ではなく「デーン」でした。確か志村が「5・4・3・2・1」とカウントダウンして「0」になると加トちゃんがあの顔をするんです。

 ステージ上でお客さん(チビッコ)に向けてやったり、母ちゃんコントで「恐怖の5秒間」というホラー映画を上映すると見せかけて、実は加トちゃんがアップで登場してあの顔をするというオチだったりと、私は結構好きなネタでした。志村の陰に隠れて人気が落ちてきた加トちゃんの久々のヒットギャグという感じでした。

 その後志村も、ギャグではありませんがコントの中で同じ顔を作ることが多くなり、いつの頃からかそこに「怒っちゃやーよ」の時の手の形が加わり「アイーン」が誕生したのでしょうね。よって私的には「全員集合」でも「大爆笑」でも「大丈夫だぁ」でもコントの中で「アイーン」はほとんど見たことがない。少なくともギャグとして大々的に使われたのを見た記憶はないんですよね。私にとってはギャグというよりも彼の名刺代わりの挨拶のようなもの、という認識なので、現在「アイーン」が彼の代表的ギャグとして広く認知されている現状が信じられないわけです。

 蛇足ですが、私的にはまだ「大丈夫だぁ」で使っていた「ダウーン」(と言いながら顎に手を当てて下に引っ張るようにする。コントのオチで使われるが特に意味なし)の方が彼のギャグとしてはスッキリします。

 まぁ今では彼を支えているのは「志村」よりも「シムケン」と呼ぶ種類のファンかも知れませんし、理屈に関係なく時代の流れで「アイーン」は彼の代名詞的ギャグとして伝承されるのでしょう。彼が最も輝いていた時代には馴染みの浅いギャグなんだけどなぁ(笑)


スポンサーサイト
別窓 | エンターテインメント | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<横浜みなとみらいギャラリー | 瑠璃色幻想曲 | 徳用にんにく中国産>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |