現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
自分を客観視して演出する“大人のキレイ”

2016-10-15 Sat 00:00
 先日、資生堂インテグレートのCMに物言いがつき、放送が自粛されたというニュースを目にしました。どんなCMだったのか気になりYouTubeで確認したのですが…結構素敵でイイ感じのCMじゃないですか。コレの何がダメなの?!

 CMを見たことがない方のために簡単に説明しますと、25歳を迎えた女性に対して、同年代と見られる友人女性が

「今日からあんたは女の子じゃない」
「もうチヤホヤされないし褒めてもくれない」

などと、ちょっと突き放した感じで言うのです。ただし実際に見れば伝わりますが、決して貶すとか馬鹿にするといった悪意はなく

「若さや可愛さだけで勝負出来なくなるのだから、大人のキレイを目指そう」

というメッセージを含んでいるのだと分かる。

 しかし報道を見る限り、これが一部の女性視聴者に伝わらなかったというか、逆に「25歳オーバー女性を“女の子”扱いしないなんて酷い」と怒らせてしまったようなのです。

 まぁ、男性である私が無暗に女性を批判するのもよくないので、これと似た男性ヴァージョンの例を挙げ、以下進行することにします。

 以前見たバラエティ番組で、歌手(?)のDAIGO(結婚前)が保育園のような施設を訪れ、3~4歳の幼児たちと一緒に遊ぶ企画が放送されました。私は途中まで微笑ましく見ていたのですが、DAIGOのある一言にメチャクチャ違和感を覚え興醒めしてしまいました。DAIGOが子供たちに対して自分のことを「お兄ちゃんが…」と言ったのです。

 確かにDAIGOは顔もハンサム(童顔?)だし、体型もスリムでカッコいい。肌もきれいに見えます。髪の毛もちゃんとあるし服装もロック。同年代の男性と比べたら断然若々しい。でも考えてみて下さい。見た目は若くても彼は38歳、正真正銘アラフォーです。下手すれば彼と遊んでいる幼児たちの父親よりも歳を食っている可能性が高い。そんな彼が自分のことを「お兄ちゃん」と呼ぶ(呼ばせようとする)のは、あまりにも自分を客観視出来ていないと言わざるを得ません。

 恐らく彼は身も心もまだまだ若い、自分には“オジサン”よりも“お兄ちゃん”の方が相応しいと思っているのでしょう。そんな自分を誇っているのかも知れません。同じような考え方をする輩は世の中にたくさんいると思いますが、それって100%受け入れられるべきことなのでしょうか?もしかしたらこの女性ヴァージョンに相当する人たちが今回CMにクレームをつけたんだろうな、と思った次第です。

 男女問わず年齢を重ねても健康や美容に気を配り、ファッションにもこだわり、見た目を美しく維持する人は輝いて見えます。いつまでも若々しくあり続けるのは素敵だし、そういった努力を何もしない人に比べて“人間力”が高いと思います。

 ただ、個人的にはそれと同じくらい、人は自分を客観的に見つめ、年齢や立場相応の見た目や態度、そして発言を心掛けることも大事だと思います。それが出来る人もカッコよく(美しく)見えるもの。

 これら両方のバランスを取ることが結果的に「大人のキレイ」に行き着くと思うんですけれどね。




スポンサーサイト
別窓 | 広告 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<ホントにラスト!今シーズンプロ野球最終観戦・シウマイ弁当とともに… | 瑠璃色幻想曲 | 私が一番好きな○○>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |