現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
大田区居住90年記念企画展・川瀬巴水

2016-10-28 Fri 00:00
01


 大田区・馬込の大田区立郷土博物館で開催中の、【大田区居住90年記念企画展・川瀬巴水】を鑑賞してきました。

 川瀬巴水は明治生まれの浮世絵師であり版画家です。日本全国を旅し、観光名所から何気ない町並みまで、様々な風景を色鮮やかで美しい木版画に多数残したため「昭和の広重」とも呼ばれます。今年は彼が大田区に居住して90年に当たる年らしく、その記念の展覧会です。

 川瀬巴水展は最近だと2013年末から2014年初めにかけ、ここ大田区立郷土博物館で3回に分けて開催されました。今回展示された作品は、(全て?)その時に展示された作品群からの抜粋。正直新鮮味はありません。しかしぜひもう一度見ておきたかった、42版刷り(!)の「増上寺の雪」や、写真にしか見えない鮮やかで美しい「うら磐梯 青沼之朝」と再会出来たことは大きな喜びであり、感動です。

 あとは、あまり無責任なことは言えませんが(笑)巴水が描く風景は、モノによっては大ヒット中の映画「君の名は。」に出てきそうなものもありそうでした。何となく雰囲気が似てるかな?

 記憶では前回は入場無料でしたが、今回は大人1人500円。ちょっとズッコケましたが、チラシだなんだ経費はかかっているのだし仕方ありません。高島屋で見たらもっと高いでしょうし…と思っていたのですが、何と!入場時に巴水作品のポスターをいただきました。しかも4点も!!


02


ちょっと綺麗な額縁に入れて飾ればそれなりのインテリアにもなりそう。とてもお得な展覧会でした。


03


 そして帰り際にはポストカードセットも購入。前回購入しそびれた「水辺の風景編」8枚セット(下段)を購入し、既に持っていた「内陸の風景編」8枚セットと併せてコレクションが増えました。



スポンサーサイト
別窓 | アート | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<個人の都合や理屈でマナーを論じてはならないと思う件 | 瑠璃色幻想曲 | “ロック”からの卒業>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |