現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
ラーメンとの闘い

2016-11-11 Fri 17:52
 最近、あるラーメンの虜になりつつあります。平太周味庵というお店の看板メニュー【爆盛油脂麺】(ばくもりあぶらあぶらめん・880円)です。ネーミングからして不健康そう(笑)


photo


 テレビで何度か紹介されたことがあるので、ご存じの方も多いと思います。実は私もテレビをキッカケに知りました。

 この爆盛油脂麺、まず一般的なサイズのラーメン丼に醤油ベース(?)の特製ダレと透明に澄んだ油を入れます。そして丼からはみ出すのもお構いなしに豪快に背脂を“チャッチャッ!!”。そして茹で上がった、細いうどんのごとき太麺400gをこれに絡めます。そして再び背脂を“チャッチャッ!!”したら、チャーシュー2枚、ほぐしチャーシュー、メンマ、味玉、ネギをトッピングして完成(あくまでも素人の私が覗き見て知り得た情報です)。ちなみに彦麿呂曰く「背脂のゲリラ豪雨や~!!」だそうです(笑) テレビで紹介された時のキャプチャー画像が壁に貼ってありました。

 これだけ油(脂)を使っていると、どうしても体によくないイメージを抱いてしまいますが、実は豚の背脂には体によい「オレイン酸」が含まれるのです…とはいえラーメントータルで考えたら、やはり寿命縮める不健康と感じざるをえません。まぁそれを承知であえて食べたいのがこのラーメンなんですけれどね。

 さて、肝心の味ですが、麺に味もついており第一印象は「美味い!!」。話題になるのも理解できました。しかし太麺はお腹に溜まりやすい。3分の1ほど食べ進めると、早くも満腹中枢が刺激され(これ食べ切れるかな…?)と心配に。すると途端にさっきまでの感動がある種の恐怖へと変化。麺が重くちょっとずつしか箸ですくえないこともあり、食事しているというよりも“闘っている”感じです。一応マスタードやら何やら様々な調味料が入った籠を渡されており、“味変”させながら闘うべきなのでしょうが、本来の味を尊重したい私としては手を出そうとは思えません。

 周囲を見ると、半数ほどのお客さんもこの爆盛油脂麺と闘ってを食べています。中には女性客もいますが、誰も残していません。それ以前に自分から注文しておいて残すのは嫌です。何とか可能な限り脂(油)を残して完食。一安心していると、後から来た常連らしきお客さんが食券を出しつつ店員さんに一言「麺300gでお願いします」。そ、その手があったか…。

 私には少々量が多く、最後まで美味しくいただけなかったことを反省しましたが、味自体はとても美味しかったです。ただ、この時思ったのは正直(一度経験したからもういいかな?)。ところが翌日になると、気分はまた爆盛油脂麺が食べたいモードに(笑) さすがに毎日は無理ですが、月に2、3回無性に食べたくなった時は素直に平太周さんに足を運んでいます。不思議なことに毎回麺は減量することなく400g。例外なく途中から苦しくなり“闘う”モードになってしまいますが…ハマってますねぇ(笑)

 しかし大人になって、まさかラーメン店でラーメン相手に“闘う”ことになるとは思いませんでした(笑)


スポンサーサイト
別窓 | グルメ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<禁煙も人生、喫煙も人生 | 瑠璃色幻想曲 | 当たった部分のみ語られる“BTTF”の予言>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |