現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
察しない男 説明しない女

2016-11-19 Sat 09:27
photo


 以前から興味があり読んでみたかった、五百田達成著「察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を読了しました。

 どんな本かというと、「脳科学・生物学的立場」「高度文明社会に生きる社会的動物の立場」「女性の社会進出が遅れている日本的立場」からくる、男女の考え方(習性?)の違いを分かりやすくまとめたものです。というと堅苦しそうですが、要するに

「男は理屈で動く 女は感情で動く」
「男はナンバー・ワンになりたい 女はオンリー・ワンになりたい」
「男は別ファイル保存 女は上書き保存」

といったことを、「基礎編」「恋愛/セックス編」「結婚/家庭編」「仕事/職場編」それぞれいくつか挙げ、解説するという内容です。これまでの人生経験の中で何となく察していたことばかりでしたが、このような形にまとめられると分かりやすいし、改めて理屈で理解し直すことができました。読み物としても面白かったです。

 また、この本を読んで感じたのは、私が数年前に経験した「MBTI」という性格判断と趣旨が似ているな、ということです。人は自分と異なる価値観の持ち主のことをつい否定しがちですが、それを相手(の性別)特有の個性と認め、尊重し、時に利用し合うことでお互いストレスなく幸せに暮らせるのだ、ということを説いているようでした。改めて自覚させられた気がします。

 もしこの本が昔からあって、私が内容を暗記するくらい熟読していれば、過去に経験した数々の恋愛や、女性の部下との関係をもっとよい形に育むことができたかもしれないな、とも妄想しました(笑) もちろん今更ですし無意味なんですけれど…もしかしたら私がそう感じるのも「男は別ファイル保存」、すなわち失った過去の恋愛の数々を思い出として大切に保存しているからかも知れません(笑)

 まぁそれは冗談として、異性の上司や部下を持った経験のない人にとっては参考になりそうな部分もあるので、とりあえずコミュニケーションの入門書のつもりで読んでみてもよいかも知れません。

 しかしこの本を一通り読んでみて思うのは、男性って女性に比べてスペックが低く単純な生き物なんだなぁ…ですかね?(笑)


スポンサーサイト
別窓 | 読書 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<都内某イルミネーション | 瑠璃色幻想曲 | テレビが報道しないセブンイレブン異物混入騒動>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |