現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
年賀状忌憚

2016-12-07 Wed 00:00
 私が自宅で使っていたキヤノンのプリンターを捨てられてしまいました。といっても私が買ったものではなく、あくまでも“自分の所有物のように使っていた”だけ。なので文句は言えません。

 しかし困りました。実は私、毎年この時期にそのプリンターを使って年賀状を印刷していたんです。このままではいつもの写真入り年賀状が印刷出来ないなぁ…。さてどうしよう?新たに最新型のプリンターを買おうか?それともCMで見たことのある、ハガキ専用のモニター&編集機能付き小型プリンターを買おうか?

 でもよく考えたら、私の場合プリンターが必要なのは年にたったの1回、まさに年賀状を印刷する時だけなんです。ということは、せっかく新しいものを買っても無駄ではないか?いや、

→というかそこまで自作の年賀状にこだわる必要があるのだろうか?
→これは私にとって年賀状のあり方そのものを見直す機会ではないか?

という域にまで疑問は発展。

 私は“年賀状”という紙媒体を送り合う習慣そのものは決して嫌いではありません。ただ、これはあくまでもメールもLINEもなかった時代の風習であり、通信機器が発達した現在、いつまで必要なのだろう?とは感じています。例えるなら電話の普及とともに廃れていった電報。でも冠婚葬祭での需要はまだ若干あるように、少なくともこの時代、年賀ハガキは年始の挨拶ツールとして存在してもメジャーではないのが自然。

 まぁ、年賀状市場は大きいので、年賀状ひとつ廃れるだけで郵便局、印刷業者、製紙業界・用紙代理店、プリンターメーカー、文具業界、出版業界(年賀状本)…様々な業界の仕事が減ってしまうのでこのままの状態を維持したいのでしょうが。

 とりあえず私は、これを機に“年賀ハガキレス”を心がけてみようと思います。


スポンサーサイト
別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<メタセコイア紅葉ギャラリー@水元公園 | 瑠璃色幻想曲 | 逗子・披露山公園より富士山を望む その②>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |