現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
糖質制限ダイエット=食事は腹八分でバランスよく…?

2016-12-14 Wed 00:00
 最近、回転寿司店でシャリだけ残す人、ステーキ店でライスに手をつけず残す人、ラーメン店で麺を一切食べずに残す人など、私的には非常識としか言いようのない行為を平然と行う人がいるそうです。

 その理由は様々かと思いますが、聞けば“糖質制限ダイエット”というダイエット法に則り、糖質を多く含む炭水化物を摂ろうとしない人が多いからだそうです。だったら刺身やスープ食べに行けばいいじゃん。ステーキも注文する時にライス断れば?(笑)

 まぁ代金を払っている以上仕方ないと思う反面、もったいないとも思います。でも健康的側面から見て炭水化物なしは正しいのでしょうか?

 さらにあるテレビ番組では、糖質制限ダイエットの考え方として糖質の少ない肉や葉菜類(葉や茎を食す野菜)は食べてOK。しかし糖質を多く含む麺・米はもちろん、根菜類(ジャガイモなど根っこ部分を食す野菜)や果物はNGとも紹介していたのでちょっと驚きです。

 確かに炭水化物・根菜類・果物には多くの糖質が含まれますが、炭水化物も根菜類や果物に含まれるビタミンも、体を健康に保つ上で必要不可欠な栄養素。摂取NGというわけにはいかないはず。テレビの紹介のし方にも問題はありますが、つくづく情報を精査せず鵜呑みにするのは危険だと思いました。

 私が思うに“糖質制限”とは、結局のところ「糖質の摂りすぎは太るし健康にもよくないから注意しましょう。食事は腹八分でバランスよくを心がけましょう」という先人の教訓と大差ありません。ところが世の中にはそんな単純なこがどうしても実践できない人が多い。そういう人は「痩せたいけど甘い物はやめられない。接待するから禁酒も無理。その代わりご飯・麺・根菜類・果物を一切食べなければ辻褄合ってOKでしょ?」もしくは「糖質制限して痩せるのなら、減らすよりもゼロにする方が合理的で早く痩せるんじゃない?」と、自分に都合よく解釈してしまう。これではダイエット効果は薄いし、健康をも損ねてしまいます。

 ではなぜ「食事は腹八分でバランスよくを心がけよう」で事足りるのに、わざわざ「糖質制限ダイエット」なんて誤解を生みやすい言葉が持て囃されるのでしょう?それは恐らく後者の方が商売になるからです。「食事はバランスよく腹八分を心がけよう」といわれても今時の人には響きませんが、「糖質制限ダイエット」みたいなキャッチーな呼称は刺さりやすい。糖質さえ摂らなければあとは何食べてもいいんだ、という誤解も勝手に抱いてくれる。

 そしてそこにひとつの市場が生まれ、特集本が売れ、テレビの特集が視聴率アップに貢献し、提唱する先生の仕事も増えるというわけです。“広島東洋カープのファン”だとちょっとダサい(?)けど“カープ女子”という呼称があると乗っかりやすいのに似ている…かな?

 
 参考までに、私が最も効果があると思うダイエット法をご紹介します。それは、

1.まず自分の理想とする体型をダイエットにより手に入れた、人間的に信頼できる人を探します。
2.次にその人にお願いして、そのダイエット法をできるだけ詳しく教えてもらいます。
3.あとは教わった通り実践するだけです。

ここで大事なのは、教えてもらった通りに実践すること。自分に都合よくアレンジしたり、例外を設けてはいけません。もちろん体質や年齢、性別によっては期待通りにならないことも覚悟しなければなりませんけれどね。

 ちなみに私は、ご飯・麺・パン・甘いもの・スナック菓子・揚げ物、どれも人並みに食べます(大盛やお代わりは滅多にしませんが)。その代わり野菜も好んでたくさん食べるし、他の人よりたくさん歩きます。お陰様で中年となった現在、周囲の同世代の友人らが巨大化しつつあるのに逆行して、ジワジワと確実にスリムになりました。

 ご飯も麺も食べて痩せた私に言わせれば、シャリや麺に手をつけない人は単に“ダイエットを頑張ってる自分に陶酔してるだけの人”だと思うんですけれどね。

スポンサーサイト
別窓 | 健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<ザ・グレート・サスケが考えていそうなこと | 瑠璃色幻想曲 | “2016年今年の一皿”はカ○ム○草料理?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |