現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
りゅうちぇる心霊写真騒動の真相?

2017-01-09 Mon 19:44
 昨年、モデルでタレントのりゅうちぇるがSNSにアップした画像に、不気味な顔のようなものが写り込んでいる、と話題になりました。

001
(りゅうちぇるTwitterより)

002
(同アップ画像)

この件はりゅうちぇる人気から様々なメディアに取り上げられ、霊能者だか心霊研究家だかを名乗る輩たちからも

「霊だ!」
「いや、UMAだ!」
「問題の顔は単なる木の瘤だが、写真には他に3体の霊が写っている!」

…様々な鑑定がなされたのは記憶に新しいと思います。

 私は不気味な顔の正体も気になりましたが、この写真が撮られたのが世田谷区の等々力渓谷だということに興味が湧きました。等々力渓谷といえば今は亡き愛犬と一緒によく散歩した場所。自宅からはかなり遠いのですが、山を歩く時のように草木や土の匂いを感じることが出来てとても気持ちいい。愛犬もここに来ると必ずテンションが上がり跳び跳ねるように走り回った、そんな思い出深い場所。本当にこの都会のオアシスのような場所に霊なんているのか?半信半疑でした。

 そして昨年末、たまたま視聴したNHKの「幻解!超常現象ファイル ダークサイドミステリー」という番組の中で、この件が取り上げられ、客観的検証に基づくひとつの有力な可能性が紹介されました。私も自分の目で確かめてみたいと思い、先日現場へ行ってきました(笑)

003
004

 東急大井町線等々力駅を下車。ゴルフ橋脇の等々力渓谷入り口の階段を下り川沿いの遊歩道へ。

005

数匹のカモがいました。

006
007

環状八号線下。愛犬の散歩ではここから南側しか歩いたことありませんでした。

 等々力渓谷といってもけっこう広い(長い)ため、りゅうちぇるが撮影したポイントが特定できるか?不安でしたが、割りとあっさり判明しました。

008

実は「幻解!超常現象ファイル ダークサイドミステリー」で、撮影ポイントの背後に手水場がある、と紹介していたため、それらしき手水場を頼りに探したら一発で分かりました。

009

完全にここですね。

001009

やや角度が異なり、明るさも異なるので若干印象が違いますが、周囲の木や根っこの形は同じ。間違いありません。私もりゅうちぇると同じ位置に立って写真を撮りたかったのですが、三脚を持っておらず一人では無理でした(笑)

 そして問題の顔。ちょうど私の撮影中に手水場前の通路を通行人が数人通りました。分かりづらいですが、この画像にも問題の顔とほぼ同じ位置に、同じくらいの大きさで通行人の頭が写っています(画像赤丸部分)。

 つまり、りゅうちぇるが撮影した時もたまたま手水場前に立って、りゅうちぇるの方を向いていた人がいたため、写り込んでしまった。そして画像補正された結果あのような緑色っぽい不気味な顔になり、心霊扱いされてしまったった…これが番組が出した結論です。もし協力者があと二人いたら同じ写真を撮れそうです。もちろんこれは番組が客観的に検証した結果得られた可能性のひとつであり、心霊現象を頭ごなしに否定するものではありません。でも私も概ね同意ですね。

 さらに補足すると、この撮影ポイントはちょっと特殊でして、通路が直前で二手に分かれます(後にすぐ合流する)。撮影ポイントの前を通る通路は意味不明な背の低いコンクリートブロックの囲いが邪魔してかなり細く歩きにくいため、ほとんどの人はもう一方、ちょっと遠回りですが手水場や椎児大師堂方面を通る道を選ぶ。

 加えて、等々力渓谷は現地ではちょっとした人気スポットのため、想像以上に訪れる人が多い。この日も私が撮影ポイントにいる数分間に10人ほどが手水場の前を通過しました。帰る時も20人くらいの団体さんを含む30人くらいの来訪者と擦れ違いました。従ってりゅうちぇるが撮影した時に、たまたま手水場前に人がいた可能性は十分あり得ます。

 もうひとつは“木の瘤説”の嘘。

010

これは反対側から撮影ポイントを写した画像。りゅうちぇるの左にあった木は、画像中央の白い矢印をつけた木。そして左側手前の白い矢印をつけた太い木に顔のようなものが写り込んだわけですが、それに該当しそうな瘤は見当たりませんでした。

011

木の瘤ならこの辺に何かしら確認出来るはず。もちろん撮影ポイントから撮影した画像にも“瘤”は写っていません。

 こんなの現地で確認すれば一目瞭然。つまり「木の瘤だ!」いう主張がいかにいい加減か、そんな情報を裏付け無しで垂れ流すサイトもいかに無責任か、改めてよく分かりました。というか、私にとって愛犬との思い出が詰まった場所…いえ、ここを訪れた人一人ひとりにとっても多かれ少なかれ思い出の詰まった場所を、無責任発言で勝手に心霊スポットにしないで欲しいものです。

012
013

 せっかくここまで来たので、目と鼻の先にある不動の滝と、等々力不動尊に立ち寄ったことは言うまでもありません(笑)

スポンサーサイト
別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<占いに注意 | 瑠璃色幻想曲 | 17,618p>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |