現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
SNSが存在しない青春時代でよかったと思う件

2017-02-14 Tue 21:56
 タレントの松本伊代と早見優が、仕事で訪れた京都で立入禁止の線路内に立ち入り写真撮影。それをブログにアップした結果炎上してしまいました。

 ルール無視の行為、しかも50歳の大人がそれを平然と世界配信…いやはやお粗末としか言いようがありません。

 と、言いながらも、私は彼女たちを全力で非難する気にはなれないんですよね。というか、こういうニュースを聞くといつも安堵します。「あぁ、オレが若い頃にSNSが存在しなくて本当によかった…」と。

 私も10代の頃(ということにしておきます・笑)は、バカで単純でした。特にルールを破って悪いことをするのがカッコいい、青春を満喫していると勘違いしていたと思います。

 もう時効ですが、例えば語学研修で訪れた某国の某美術館で、故意に立入禁止エリアに侵入して休憩したり、某蝋人形館で蝋人形と腕を組んで写真を撮ったり、ホームステイ先のトイレが使用中だったため近所の露地で立ちションしたり…今考えると中○人みたいですが(笑) しかもそれを自慢げに友人らに話して聞かせたものです。もし当時SNSが存在していたら、間違いなくアップ、結果炎上していたでしょうね。

 ついでにいうと、アップしていたと思われるのは、悪いこと自慢ばかりではありません。私は学生時代、後にライターとなる親友の影響で、ノートに様々な文章を綴っていました。このブログに上げる記事のような文章もあれば、ポエム(笑)もありました。それが若者にありがちな体制批判ならまだ可愛いものですが、片思いの女子への想いをポエムにしたためたこともあったわけです(笑) もし当時FACEBOOKがあったら、そんなポエムも得意気にアップし、周囲から痛い奴だと笑われていたことでしょう(笑)

 まぁ、これらは10代当時のことですが、今回の件も含め、大人になってもそれに気づかない人が大勢いることがお粗末極まりないですね。

スポンサーサイト
別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<書店ならではの楽しみ | 瑠璃色幻想曲 | ラーメン屋さんから忠告された日>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |