現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
ついにフィナーレ…「CSI:科学捜査官」

2017-03-26 Sun 20:58
csi_final


 私が好きな海外ドラマのひとつ「CSI:科学捜査班」。そのファイナルシーズン「CSI:15」が先週最終回を迎えました。なお、私はテレ東の放送を待って視聴したので、本国アメリカやWOWOWでの放送はとっくの昔に放送終了済みです。

 これにともない、スピンオフの「CSI:MiAMI」「CSI:NY」も含めCSIシリーズは完結(ちょっと異質だけど「CSIサイバー」がまだ残ってたか・笑)。「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズと同時期にスタートして以来、ずっと好きだった2大コンテンツの片割れでしたのでとても寂しいです。

 私が「CSI:科学捜査班」(ラスベガス本編)と初めて出会ったきっかけは、レンタルビデオ店で映画作品と間違えて1本借りてしまったことでした。ディスクを再生してすぐにミスに気づきましたが、せっかくだからと見てみると、これがなかなか面白い。

 ちなみに内容は…夏休み前夜に女子寮から失踪した女子大生が、ゴミ処理場内に一時保管された、キューブ状に圧縮したゴミの塊の中から死体で発見される。ところが何者かによる異常殺人事件と思われたこの事件、CSI科学捜査班の活躍により、結局事件ではなく事故、事故死と証明されるのです。斬新でした。

 そして改めてシーズン1から見まくりました。第1話から4つの事件が同時進行(しかも放送時間内に全て解決)、新任の女性捜査官がいきなり殺されてしまう、科学捜査官が拳銃を持って犯人を追いつめ逮捕してしまう…日本の鑑識にスポットライトを当てたドラマとは全然違って派手だし、ハリウッド映画テイスト。何から何まで新鮮でした。

 ファイナルシーズンも最後まで古さを感じさせず、凝った設定と優れた脚本による、手に汗握る展開だったのは凄いです。

 どのシーズン、どのエピソードも面白かったですが、私が特に好きなエピソードは2つ。

 まず、シーズン6の「銃弾のカオス」。ギャング団と警察官が、ある町の広場で派手な銃撃戦を繰り広げた末、警官一人が射殺される。その後町中に散らばり逃走したギャング団メンバーを各警官が追い詰め全員逮捕するが、そこが反白人主義者の町だったため、目撃者たちは警察の手順を無視した行き過ぎた逮捕劇をあることないこと批判。マスコミを巻き込み、国中が警察批判に走る中、CSIは科学捜査で警察の正当性を証明する。

 仲間を誤射して死なせてしまったのはブラス警部だったこともCSIにより証明されますが、遺族から赦しを得てめでたしめでたし…。派手な事件でも風変わりな設定でもない。クレイジーな殺人鬼も出てこない。一見地味なストーリーですが、CSIの優秀な仕事ぶりが警察の正義を証明する、という感じのとても好きなエピソードです。

 そしてもうひとつが、シーズン5の「“12時間”の死闘」。「キル・ビル」でお馴染み、クウェンティン・タランティーノ監督作品です。

 誘拐され、アクリル板(?)製の棺桶に閉じ込められ、どこかの地中に生き埋めにされたCSI捜査官・ニックを救うため、残りのメンバーが犯人の手掛かりとニックの居場所を全力で捜査。ついに犯人を特定するが、ニックを埋めた場所を聞き出す前に犯人は自殺してしまう。タイムリミットが迫る中、CSIはあらゆる手掛かりをもとにニックの居場所を探る。そしてついにニックが入った棺桶内にいる蟻の種類から場所を特定、救出に向かう。

 グリッソム主任の昆虫学の知識が光ったエピソードでした。命の危機を感じ諦めかけた、棺桶の中のニックの言葉を、中継映像を通じて読心術で読み取ったグリッソムが「それは違うぞ!」と叫ぶシーンは印象的でしたが、私は未だにニックが何と言ったのか分かりません。

 ちなみにこの2エピソードは、後でネット検索したらどちらも「CSIシリーズエピソードベスト10」に入っていたので嬉しいです。

 最近は年のせいか、日本のドラマも海外ドラマも一から見ようという気が起きません。それでもまた「CSI」くらいハマれるドラマに出会いたいですね。少しでも人生を豊かにしたいです。

スポンサーサイト
別窓 | 海外ドラマ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<団体ではなく道場を背負って闘う?豆腐プロレス | 瑠璃色幻想曲 | オッサンがやりがちな勘違い>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |