現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
客の言いなりにならない愛の接客

2017-04-09 Sun 00:00
 ずっと前から気になっていた某ラーメン店を初訪問しました。過去に何度もテレビで紹介されたことのある人気店です。

 しかし、カウンターのみの店内に入ったものの、一般的なお店とは少し流儀が異なる様子。私は初見客丸出しで一通り質問しました。その結果、注文はカウンター越しに店主に直接口頭で注文、前金制(お釣りはなるべく出さない)、食べ終わったら丼をカウンター一段上に上げて汚れを拭く、などのルールを教わりました。つまり、ちょっと面倒臭い(笑)のですが、この店のラーメンが食べたければ、客は逐一店主のやり方に素直に従わなければならないようです。

 さて、改めてメニュー…といってもどこにもないので、店主に訊ねると、あるのは「そば」と「肉そば」の2種類のみ。私は「そば」…といっても、実際はもちろんラーメンですが、こちらを注文しました。どうやら完全にラーメン二郎インスパイア系のようです。ならば野菜マシにしようかな?いや、最初だからデフォルトで様子見か?考えていると、なぜかニンニクの有無以外何も聞かれないまま着丼。あれ?と困惑しつつ壁の貼り紙を見ると…何と!野菜マシ・脂多め・カラメなどの無料カスタマイズは二度目の来店から受け付けるとのこと。初見客は口出しできないようです。ちなみにこれ以外にも、麺の増減も指示可能のようでした。

 私は一瞬、何て横柄な店なんだろう?!と否定的な感情を持ってしまいました。しかしよく考えると、これって先日客とのトラブルが話題になった、仙台のラーメン二郎の方針と同じなんですよね。大ラーメンの野菜マシマシを要求した初見客に店員が小ラーメンを勧めたところ聞き入れられず、仕方なく要求通り提供したら案の定、半分以上残されてしまった。それどころか酷い捨てゼリフまで吐かれたことに腹を立て、不満をツイートしたら店員も少なからず批判されたというアレ。どちらに非があるのか?一時話題になりました。

 少し考えれば分かることですが、二郎タイプのお店の特性上、これらのやり方はアリ、仕方のないことです。行列のできる人気店がトッピングを無料サービスするのですから、いい加減な注文が増えて材料が無駄になれば、長時間行列に並んだのにラーメンにありつけないお客さんが出てきてしまう。お店を愛するお客さんのために行っている仕来たりなのです。

 そう考えたら、麺を少し残したお客さんへの店主の「次から三分の二に(カスタマイズ)して!」という言葉にも愛を感じられました。

 こういう店主がいて、それを尊重するお客さんがいるから、いつでも美味しいラーメンが提供されるんだ、と嬉しくなりましたね。



スポンサーサイト
別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<昔はよかった幻想 | 瑠璃色幻想曲 | 人格全否定&切り捨て?部分肯定&交流?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |