現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
アイドルが恋愛禁止であるべき理由(私見)

2017-07-10 Mon 21:34
 先月開催されたAKB48の選抜総選挙での、須藤凛々花(NMB48)の突然の結婚宣言…何だか既に遠い昔の出来事のようですが(笑)

 既に飽き(忘れ)てしまった人が大半でしょうし、どうでもいいことですが(笑) 私はこの出来事を機に改めてアイドルの恋愛禁止って、どうなんだろうな?と考えました。というのも、この手の話題が出ると必ず

「アイドルとはいえ年頃の少女に恋愛禁止を強いるのは酷い!人権侵害だ!アイドルも恋愛自由でいいじゃないか!!」

という声が少なからず聞かれるからです。そして私自身、そういった意見を聞けば聞くほど疑問に感じるからです。

 まず、私が想像する、アイドルが恋愛禁止でなければならない理由は、とにもかくにも「アイドルの商品価値を高めて売上をより増やすため」でしょう。なぜなら女優が演技力、女性アーティストが自作の曲や歌唱力、女子アスリートがメダルや記録といった、ルックス以外の価値が評価のメインであるのに対し、アイドルの商品価値はほぼ可愛らしさや若さといった見た目。つまりバーチャルなカノジョになり得るかどうか。そして彼女らアイドルのメインターゲットは(本来)若者…恋愛経験に乏しい十代の少年であり、彼らの疑似恋愛の対象として売り込むのですから、やはり彼氏や旦那の影が見え隠れしてはマズい。商品価値が下がってしまいます。もしかしたらオレでも仲良くなれるかも知れない、付き合えるかも知れない、と妄想できる相手だからこそファンは彼女らのために多額のお金を落とすわけです。この辺はキャバクラと同じですね。

 したがってアイドルビジネスで稼ぐにはアイドルは独り身、もっといえば処女に近い状態(イメージ)で売るのがベスト。逆にそのイメージが薄れた時が賞味期限でしょうね。よって須藤凛々花も、あの宣言をした以上アイドルとしては限界かと思います。「アイドルが恋愛したっていいじゃないか!彼氏がいたら応援しないのかよ!?」という人がいますが、既にどこかの男の所有物になったオンナに大金を払いたがる人はあまりいないと思います。ここがアイドルと女優・アーティスト・アスリートらとの違い。

 仮にいたとしても、そんな“価値の暴落した商品”で大金は稼げません。せいぜい客寄せのセール品のような扱いでしょうね。そもそもアイドルの恋愛を肯定する人って、まずアイドルファンでも何でもないでしょ?(笑) 普通に恋愛経験のある人でしょうって。

 秋元康が須藤凛々花を引き留めたという報道もありましたが、恐らくこれまで通りNMB48の一員として使うのは、グループ内外からの批判は免れません。何か別のやり方を考えていたような気がします。

 では、なぜ近年になって“恋愛禁止”なんて言葉が頻繁に聞かれるようになったのか?それはAKB48レベルの多人数のグループが誕生したからでしょうね。

 ピンのアイドルが当たり前だった昔なら、(想像ですが)ハッキリ「恋愛禁止」と告げなくてもマネージャーとの日々のコミュニケーションの中で芸能界の暗黙のルール、大人のルール、タブーなどそれとなく身についていったと思います。

 しかしAKBのような十数人~数百人規模のグループとなるとメンバー個々の常識や価値観の差が開き、明確なルールなしというわけにはいきません。

「アイドルだから恋愛は絶対にダメ」

という優等生もいれば

「ただの男友達ならOKでしょ?」
「付き合っても体の関係なしならOK」
「結婚前提の真剣交際ならいいじゃん」

などと考える子もいて、バラバラの解釈をされてしまい統率が取れません。今回の須藤凛々花の言い訳(「恋愛禁止で我慢できる恋愛は恋愛じゃない」)からもそれは明白です。ですので、明文化された考え方やルール、ペナルティをグループ内で共有することが必要となるのです。大企業と零細企業の風土が大きく違うのに似ているかも知れません。

 そしてこのようにルールを明確に設けることで、これを破る子がいた場合ペナルティを課しやすくなります。これにより運営側はアイドルたちを管理しやすくなるし、ファンに対しても一定の商品価値を維持しながら商品を提供し続けられるのです。もしルールやペナルティを設けず、「人権侵害だから」などと言って恋愛を認めたらどうなるか?年頃の少女ですから彼氏との時間(予定)を優先して握手会、劇場公演なと仮病で休むメンバーだらけになる可能性も。それではファン(顧客)に品質の安定(需要の多いメンバーが参加)した商品(握手会や公演など)を安定供給することが困難になってしまうのです。

 まぁ、たまにスキャンダルがスッパ抜かれても何らお咎めなし、というメンバーがいますが、そういうのは大抵人気の高いメンバーですよね。企業でも成績優秀な社員は多少仕事をサボっても上司は見て見ぬふりをするものです。それと同じでしょうか?

 これらの理由から客観的に考えて、私はやはりアイドルの恋愛禁止は必要だと思います。もちろん1人の人間、人生の先輩としては恋愛くらいいいじゃん、と思わなくもありません。しかしこういったことを議論する場合、感情論で語ってもあまり意味がないです。あくまでもアイドルビジネスの中のシステムとしてどうあるべきか?客観的に考えると分かりやすいし、面白いと思いますけれどね。


スポンサーサイト
別窓 | エンターテインメント | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<ペット合同供養 | 瑠璃色幻想曲 | 葛飾北斎の墓@上野・誓教寺>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |