現在の閲覧者数:
無料カウンター
《誹謗・中傷、暴露系ネタ、アラシ厳禁》
ほんとにあった!呪いのビデオ73(ネタバレあり)

2017-07-23 Sun 20:12
photo


 レンタルビデオ店の会員証トラブル(?)により、リリース日にレンタルできず、最近やっとレンタルしました。

 ところで同じ心霊繋がりで、先日こんなことがありました。TBSの心霊特番で紹介した心霊写真が、実は一般人がSNSにアップした画像を無断使用・加工したフェイクだったのでは?という疑惑です。「ほん呪」ファンとしてもアレはちょっと辛いですね。せっかくグレーゾーンを楽しんでいるのに余計なこと言うなよ、って感じです。例えるなら、プロレスファンに “ガチかケーフェイか?”なんて議論は必要ないのと同じ。心霊もプロレスもファンでない人は黙っていて欲しいものです。

 そういえば10年以上前になりますが、知人が仕事で某携帯電話向けアプリ開発に携わっていました。確か“女子高生が投稿する恐怖体験談&心霊写真サイト”でしたが、掲載された心霊画像を見て驚愕しました。何と!心霊写真とされる画像に映り込んだ霊が、全て私も知る仕事仲間の顔だったのです(笑) TBSも一般人がアップした画像でなく身内から調達すればよかったのになぁ…。


【サプライズ】(ゾクゾク度:B)
 投稿者の誕生日をサプライズで祝おうと、妻と娘が準備している映像。部屋の電灯を消し、ケーキを抱えてバスルームに隠れて投稿者の帰宅を待っていると、バスルーム内に口を大きく開けた髪の長い不気味な女が…!!


 基本的に撮影者は奥さんですが、一箇所だけ奥さんが窓の外を眺めて「あっ、(旦那が)帰って来たよ!」というシーンを幼い娘が撮影しています。確かにコレがあると作品の質は上がりますが…ちょっと出来すぎ(笑) まぁサプライズですから、後で旦那に見せようとあえて撮影していても不思議じゃないか。

 ラストで霊の姿に家族が歌う「ハッピ~バースデ~トゥ~ユ~♪」を被せるのは狙いすぎか?でも29歳でささやかながらもあのような幸せな家庭を持っている投稿者は、純粋に幸せだと思いますね。


【夏合宿】(ゾクゾク度:B)
 投稿者が中学生時代に参加した、部活の夏合宿の様子を撮影した映像。4、5人の女の子たちが宿舎の部屋で楽しそうにワイワイ騒いでいると、「『助けて』という声が聞こえ心配した」という先輩が部屋を訪ねてくる。映像の中の先輩の片脚は膝から下が消え、さらに女の子たちがお菓子を食べる映像では、背後の押し入れの中から彼女らを窺う二つの不気味な顔が…。


 まず、彼女たちって一体ナニ部なんだよ?!宿舎の部屋しか映っていないので分かりませんが、していることといえばトランプ、お菓子を食べる、二つのベッドの間に数人横たわった状態でベッド間を飛び越える(笑) まぁ子供の発想らしくてリアルですが。

 ところで先輩の左膝から下が消えている、といいますが、あれはどう見ても膝を曲げているだけでしょう!!(笑)


【民宿】(ゾクゾク度:B)
 投稿者が先輩と温泉旅行した時の様子を撮影した映像。民宿に一泊し、翌日は投稿者が楽しみにしていた雑貨屋巡りをするはずが、何かに怯える先輩に急かされ、早々に帰路についてしまった。
 後日理由を聞くと、投稿者が就寝後に撮影した映像の中、部屋の隅に首を吊る蓋骨のようなものが映っていたという。蓋骨は投稿者のシャツと似た柄の服を着ているように見えたことから、先輩から「あれはきっとお前の将来の姿だ!」と言われる。
 投稿者は全く気にしていない様子だが、スタッフは「ほん呪52」収録エピソード「奇怪な未来」(投稿者が首を吊っている映像が撮れてしまい、その後実際に彼は首吊り自殺してしまう)の例もあるため、今後も投稿者と連絡を取り、様子を見守ることに。


 私は民宿ってほとんど利用しないのですが、夕食に缶ビールをそのまま出すのでしょうか?コップすらないように見えましたけど…。

 しかしまさかここで「ほん呪52」のネタ…男がバナナボートで遊ぶ映像が登場するとは(笑) これはきっと伏線ですね。いずれこの投稿者も首吊り自殺することでしょう。


【おくりもの 中編】(ゾクゾク度:B)
前回までのあらすじ
 2017年2月19日、磯崎家では主の茂が失踪し、娘の由美にも異変が起きた。由美は茂の失踪後部屋に引きこもり、暴力的になり、自分を虐めていたクラスメートの写真を切り刻むようになる。
 前回、茂の元部下・悦子がT子を襲ったとも取れる映像が見つかったことから、茂の妻・薫に言い寄る近藤の身を案じたスタッフが再び近藤を訪ねる。すると近藤は怪我をして入院したという。茂の仕業だろうか?
 その頃、投稿映像の「モッカイナレ」という音声を解析していた寒川(おかっぱちゃん)が、これは「モッカになれ」ではないかと推測。オカルトに詳しい魔術堂のKATOR(カトール)氏に意見を求めると、「モッカ」とはサンスクリット語に由来する言葉で、業の呪縛や輪廻から安全に解放された魂の状態。つまり「モッカになれ」とは「死ね」という意味らしい。
 スタッフは由美の行動をカメラで監視するとともに、行方不明の悦子を捜索する。悦子の実家と連絡が取れたスタッフだが、彼女の母親も悦子とは連絡が取れないらしい。母親同席のもと悦子のアパートを訪ね、室内を捜索すると、PCに保存されたある動画を発見。それは見知らぬ少女が生きることを否定し、友達や先生への恨みを訴えた後、「モッカになる」と言い残し窓から飛び降り自殺する映像だった…。


 ほとんど内容忘れてました(笑)

 まず、魔術堂のKATORという怪しい男が気になります。ちょっと調べてみたところ、秋葉原の魔術グッズショップ店長。一応「宗教活動とは無関係の、怪しくない魔術グッズショップ」を目指しているそうです。似たようなビデオ作品にも出演しているみたいですね。本名は“加藤さん”でしょうか(笑)

 それにしてもKATORに取材した喫茶店のBGM、めちゃくちゃうるさすぎ!!ほとんどセリフが聞こえず。スタッフも静かな場所を選ぶとか、マイクを使うとか、学習して欲しいものです。

 そしてここからスタッフも増員体制。これまでの川居、おかっぱちゃんに加え、藤屋敷を思い出させるスモーカーキャラ・舞木(タバコ/♀)、大力(メガネ/♂)、そしてなぜか前作「72」収録「存在しない友達」の投稿者・大塚(笑) いや~怪しい。投稿者(一般人)のフリして実は最初から社員だったりして(笑)

 悦子の母親も動画の少女もセリフが演劇調で臭い(笑) しかしどこの誰だかも分からない少女の自殺映像をDVD作品に収録するでしょうか?というか、窓から飛び降りたようには見えますが、あれで“自殺した”と断定するなんて(笑) 問題のシーンはまたもや少女の顔が一瞬ゾンビチェキ風になるというものでした。

 でも、「モッカになれ」が「死ね」という意味なら、単に「死ね」と言えばよいのでは?何か宗教的な理由が隠されているのでしょうか?


【花火の上】(ゾクゾク度:B)
 花火大会の様子をドローンで上空から撮影した記録映像。美しい花火を撮影していると、ドローンに何らかのトラブルが生じ、川に墜落してしまう。後に映像を確認すると、ドローンを墜落させた者の正体が…。


 「ほん呪」の投稿映像にドローンの映像が登場というのは時代の流れ、新しいパターンですね。それにしても高い。花火よりかなり高い位置から撮影しています。その割にほとんどブレることなく静止して撮影しています。こんなものなのかな?

 ドローンを墜落させたのは、そこにいるはずのない何者かの手。この高所に人間の手、というミスマッチさは面白いと思います。


【シリーズ監視カメラ 復元】(ゾクゾク度:B)
 ある会社のオフィスに設置された監視カメラ映像。その会社で2005年に発生した火災の原因を究明するため、投稿者の会社で映像データが復元された。
 映像の中で二人の男女が残業していると突如炎が発生。炎は部屋の四方から不自然に広がり、あっという間にオフィスは火の海に。その中に謎の人影が…!!


 炎の中に現れた謎の人影、不謹慎ながらマンガの炎を操るキャラを連想して、ちょっとカッコいいと思ってしまいました。具体的には「ジョジョの奇妙な冒険」のマジシャンズレッド

photo1

「北斗の拳」の炎のシュレン

photo3

「NINKU」の炎の赤雷

photo2

辺りでしょうか?…って、ちょっと古いか?(笑)


【続・おくりもの 中編】(ゾクゾク度:B)
 少女の自殺動画について検証するも、何も分からないスタッフは、再び魔術堂のKATOR氏を訪ね、意見を求める。しかし「少女の考え方は、新興宗教(オウム?)の考え方に似ているかも」というだけで、ほとんど進展せず。磯崎家の娘・由美も自室から出て来ず進展なし。
 スタッフは、磯崎家の妻・薫に言い寄っていたという彼女の元上司・近藤が入院中の病院に面会しに行くことに。ところが近藤の話によれば、「言い寄ってきたのは薫の方」「50万円貸していた」ということで、薫の話と食い違う。
 その頃、磯崎家で緊急事態が発生。食事休憩から川居が戻ると、車内でモニターを監視していた寒川がいない。磯崎家を覘くと、キッチンに寒川と由美が倒れていたのだった。


 相変わらずKATORのインタビューが聞き取れません。店内のBGMがうるさく、KATORの声も小さい。しかもこのインタビューシーンが長めなのでストレスが溜まります。それでいてやっと終わったと思ったら“中村義洋「謎は深まるばかりだった」”ですからねぇ(笑)

 このエピソードでは新スタッフ・舞木が活躍します。顔はよく見えませんが、ちょっと可愛いかも(笑) 舞木は個人情報保護絡みで苦戦するであろう近藤への取材に対し「私、常識ないんで病院に取材行けちゃいます」と頼もしい(笑) 実際、近藤へのインタビューでもかなり強気で攻撃的な口調。初対面の協力者に対し非常識的だ(笑) でもSNSを利用して近藤の入院先を特定…というのは無理があるような気が。このオッサンが全員に公開設定のフェイスブックに入院をアップしていたのか?(笑)

 ラストシーンはどう見てもおかっぱちゃんが由美に包丁で刺されていましたよね。大丈夫なのか?

 問題の映像は、由美の顔が一瞬ゾンビチェキ風に…って、もういいよ~!!というか、今回どれも怖くなかったなぁ…。


スポンサーサイト
別窓 | エンターテインメント | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑

<<「くたばれレッズ」の元ネタが「くたばれ読売」だった件 | 瑠璃色幻想曲 | 「ほんとにあった!呪いのビデオ73」レビュー記事未掲載の理由>>
この記事のコメント
まずは、会員証トラブルお疲れさまでした。もう投稿してくれないのかと思ってましたので、とてもうれしいです。今回は、斬新なドローン以外は、怖くなかったですね。夏の三部作で、疑問点が2点、川居がゲロを長時間放置してたのと、大塚が、それを素手でさわっていたこと。全くあり得ない。もう夏の三部作は、興ざめするから、やめてほしい。
2017-07-25 Tue 06:05 | URL | 無記名 #-[ 内容変更] | top↑
新スタッフになってからクオリティががくんと落ちましたね、怖さもリアリティも全くない。
2017-07-27 Thu 01:59 | URL | 無記名 #-[ 内容変更] | top↑
夏合宿で最初は驚いたのですがよく見ると曲げてる足が後ろに見えてます。スタッフは気付かなかったのかな?
2017-08-13 Sun 21:05 | URL | 無記名 #-[ 内容変更] | top↑
お初にお目にかかります
日々、ほん呪レビュー楽しませていただいております(*・ω・)

TBS騒動は…確かに野暮っちゃあ野暮ですよねぇ
( ´・ω・)
ほん呪含め、いろ〜んな投稿作品の映像を地上波で放送し直しているだけとなった昨今の心霊特番、スタジオの演者が御丁寧に初見的リアクションを毎度披露してくださること以上の演出は織込み済みで、あとはもうテレビの前でネタとして笑ってることをさらに踏み込んで突くは大人気ない…(*´-`)

これから、こうした作品の制作陣へのインタビューや、ドキュメンタリーパートすら取り上げ出してスタジオで検証!なんてなった日にはもう目も当てられないぃ…ですねぇ

「監死カメラ」シリーズでも御目見得していたKATOR氏をここで出演させるとは…。作品間の垣根もどんどん低くなって参りました〜
(*・ω・)
2017-09-19 Tue 22:10 | URL | 暖簾 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 瑠璃色幻想曲 |